Zohoが見るOffice365

マイクロソフトがOffice365を発表。これまでOfficeソフトウェアがオンラインで利用可能になっていたとはいうもののデスクトップにOfficeをインストールしていないと実質使えないものでした。今回は、デスクトップ版をインストールしなくても使えるようになるようです。
申し込みサイトもまだ英語しかないようですが、調査する目的もあり、とりあえずベータ版の登録を済ませました。申し込み殺到でスペース割り当て中なので、使えるようになるまでにはしばらくかかる、とのこと。どの程度のレベルに仕上がっているのか、興味深いです。

さて、中小企業でOfficeソフトウェアをクラウドで代替と言えば、Zohoがひとつの候補です。そんなZohoが今回のOffice365についてコメントしていますので、ご紹介しましょう。

「Google Appsがリリースされて、Zohoは全く損失を被っておらず、むしろクラウドにより多くの顧客が流れ、ビジネスは7倍に成長した。マイクロソフトのOffice365も同様の効果があるのではないかと見ている。ショッピングモールに有名店が入る似ている。顧客は有名店を訪れるだろうが、同時に競合店もチェックするだろう。」
なかなか強気の発言です。モールが活性化されれば、必ずしも自分のビジネスにマイナスとは限らないという見方をしているのでしょう。
マイクロソフトが大量のキャッシュと既存顧客として多数の大企業を持っているため、Zohoを始めとするスモールプレーヤは市場から弾き出されるのではないか、と言う問いに対する答えが次です。
「2つの理由からそうは思わない。まず第一に、クラウドの最大の利点の1つは、どこからでもいかなるデバイスからでもアクセスできる点である。デバイスにはモバイル端末が含まれ、この面では、マイクロソフトのシェアは小さく、好調なアップルやグーグルと競合しなければならない。WindowsとOfficeでデスクトップを独占しているからといって、クラウドの世界では強みにならない。
マイクロソフトのこれまでのビジネス戦略が2つ目の理由だ。マイクロソフトはたびたび、オール・オア・ナッシング(全部かゼロか)の方針をとる。自社製品同士の組み合わせがベストで、独自の、閉鎖的な技術を使い、一度マイクロソフトを選択した顧客を囲い込んできた歴史がある。
マイクロソフトのオンラインサービスを見れば、ウェブブラウザ経由で、Microsoft Exchange Onlineのeメールにアクセスできるが、快適な利用にはOfficeの一部であるOutlookが必要。SharePoint Onlineではあらゆる種類のファイルを保存できるが、Officeのソフトウェア群なら、SharePointに保存するメニューが組み込まれてる。Lotus Notes等からMicrosoft Exchange Onlineへデータ移行するためのツールは豊富に用意されているが、逆に使用停止てデータを取り出そうと思っても容易ではない。この状況が変わることはないだろう。一方ZohoやGoogleでは、異なるベンダー間でデータをマッチされる、組み合わせる、移行することが容易だ。Zoho CRMはGoogle Appsと統合されている。Zohoの顧客の中にはSharePointサービスを自社で運用しながら、Zohoのプロダクティビティサービスと連動して使用しているところもある。
最後にZohoは中小企業にフォーカスしている。したがって、大規模なソフトウェア契約の一部として内黒ソフトのクラウドサービスを勧める営業やパートナーと出くわすことはない。Zohoにとって中小企業向け市場が一番。(350万人のエンドユーザがおり、新規ユーザが月12万人のペースで増えているとのこと)」

果たしてマイクロソフトは相変わらずなのか、それとも思い切って戦略を転換してくるのか、その一端はOffice365を試用してみれば透かし見えてくるものと思います。使えるようになったところでまた報告します。

クラウド活用を考えるヒント:第5回

5. Innovation Is Not Flaunted — It is Assumed. (イノベーションはことさら主張するものじゃない。当然のこと)

「クラウドコンピューティングの素晴らしいところは、常にアプリケーション運用を繰り返し改善していけるところだ。ほとんどのクラウドプロバイダにとって、クライアントの利用パターンを見て、リアルタイムに改善を行うことが出来、またクライアントに「気持ちが分かってくれている」という瞬間を作りだすことができる。従来のソフトウェアではありえなかったことだ。

クラウドアプリケーションでは、マルチテナント方式かつ共有のコードを使用しているため、シームレスなアップグレードで発明的な新機能を自動的に利用することができるようになる。しかも必要なときに。もはや長期にわたり、多大なリソースとコストを必要とするアップグレードプロジェクトは不要になる。」

クライアントの利用パターンを分析できることと、それを的確に捉えてサービス内容に反映でき、反映していくこととは必ずしも一致せず、クラウドプロバイダによって変わってくるはずです。そしてそれがサービスのレベルと質の差になって表れてくるのではないでしょうか。

何にもまして、運用やアップグレードにかける労力を削減し、その結果余った人的リソースを他の目的に活用していけることが、SaaS型の大きなメリットの1つです。

クラウド活用を考えるヒント:第4回

4. Security is Not an Afterthought(セキュリティは後で追加するものではない)

「業界標準への準拠、セキュリティへの継続的かつ集中的フォーカスはリストのトップにあるべき。クラウドプロバイダのセキュリティコンポーネントと、ベストプラクティスの理解に努めること。

クラウドコンピューティングの利用を検討する場合、企業内システム向けプロバイダが提供する全セキュリティコントロールを期待し、かつ要求すべき。クラウドプロバイダはより新しく、よりセキュアな技術やインフラ上に構築されているため、さらに強固なセキュリティコントロールを期待、要求すべき。最も重要なことは、セキュリティに関する正しい質問を投げかけ、自身で理解でき、納得できる答えを得ること。例えば、クラウドプロバイダに、「私のデータはどこに保存されるのか」という質問を投げかけて、詳細な答えの代わりに「クラウドのどこか」という答えが返ってくるようであれば、別のクラウドプロバイダを検討した方がよい。」

セキュリティは無論重要で、そのことに異論はありません。ただ最後に質問は多少疑問があります。データはどこに保存されるか、と問いかけて、すらすら詳細を教えてくれるようでは相当心配です。ある意味、どこに保存されるか自体を秘匿することもセキュリティの1つになります。だからと言って、クラウドのどこか、みたいな茶化したような回答でも困ります。プロバイダに正式に依頼し、機密保持契約のもと、限定的な人間にのみ、情報が提供されるようであれば、まずまずではないでしょうか。

クラウド活用を考えるヒント:第3回

3. Examine Your Service Provider’s Client List(顧客リストを吟味せよ)

「2000人の顧客が利用しているなどという広告にのせられてはいけない。たいていのプロバイダは、例えば数テラバイトのストレージと数百人のユーザ似対応することはできるが、ペタバイトのストレージと数千人規模のユーザにシームレスに対応できるところはほとんどない。

a) プロバイダの規模と複雑さの程度を知り、必要になったとしても対応できるかどうかを理解しておくこと。

b) 最も大規模なユーザの規模と利用パターンの詳細を入手すること。

c) 全体のシステム容量とピーク使用率を聞くこと。

d) プロバイダのアーキテクチャとプロセスの何がボトルネックかを理解すること。

e) キャパシティ、リソース計画を定期的に実施していることを確認すること。」

いずれもごもっとも、といったところなのですが、実際、これらの質問をして回答が返ってくるかどうかやや疑問。仮に回答を得られたとしても、質問が出来、回答を評価できる人材が入れば苦労しないのではないでしょうか。そんな人材がいないから困っているというところがほとんどだと思います。

ここはやはり、ITコーディネーターや私どものようなところがお手伝いすべきところだと思います。

クラウド活用を考えるヒント:第2回

2. Scrutinize Availability (稼働率を吟味せよ)

「クラウドプロバイダの多くはサービスレベルアグリーメント(SLA)を用意している。クラウドプロバイダが稼働率(Availability)をどのように計算しているかを理解しておくこと。99.999%(ファイブナイン)が必ずしも思っているものと一緒とは限らない。鍵は、プロバイダがどうダウンタイムを定義しているかを理解することだ。
計画的ダウンタイム:定期的なメンテナンスやアップグレードは24時間、365日のオペレーションを阻害する。プロバイダは、メンテナンスやアップグレードに関わらず稼働率を確保していなければならない。

不完全なダウンタイム:サービス提供上の問題が発生しても、稼働率の計算に反映しない場合がある。SLAには、サービス内容が的確に反映されているべきだ。

責任を負わないダウンタイム:プロバイダがネットワークを始め第三者のプロバイダが提供するサービスを使用している場合、それがユーザにとっていかに致命的であろうとも、第三者のプロバイダのサービスの問題に起因するサービス停止には責任を追わない場合がある。SLAは、第三者のサービスの稼動もカバーされていなければならない。」

契約書に高い稼働率が明記されていても、いざダウンすれば、たいして足しにならない金額を払い戻されて終わり、ということも考えられます。利用者にとっては金が戻ってくるよりサービスを一刻も早く復活してもらうことと、状況を的確に把握出来るようにしてくれる方が有難いものです。いざの時の対応内容の方が重要です。

クラウド活用を考えるヒント:第1回

米Forbes.comに”The 31 Flavors Of The Cloud“(「クラウドの31種類のフレーバー」)という記事がのっています。Baskin-Robbinsのサーティーワンアイスクリームにひっかけているのでしょうか。クラウドの活用を考える上でのヒントを記しています。そこで、日本での状況を踏まえて、この記事のヒントを元に中小企業のクラウド活用を検討していきたいと思います。

1.Know What “True Cloud” Really Is(真のクラウドとは何かを知れ)

「クラウドの概念が広まるにつれ、多数の企業が営業やマーケティング活動で「クラウド」を使っている。クラウド対応のソフトウェアパッケージや社内にクラウドを構築できると言うアイデア。多くの人が「偽者クラウド」と呼んでいるもの。時間、人、コストを必要とし、ネットワークでアクセス可能なサービスプロバイダを活用しない資産を購入しようとしているならば、それは真のクラウドを使っていることにならない。また、自社のインテグレーションに関係しないセットアップ費やコンサルテーションが必要とされるならば、それも偽者クラウドの指標になる。」

日本でも、あらゆるもに「クラウド」の言葉を使い、いかにも新しいもののように見せているが、実は以前と何も変わっておらず、名前を変えただけの商品を多数見かけます。

社内にクラウドを構築する、いわゆるプライベートクラウドについては以前にも投稿していますし、これは「偽者クラウド」という考えは変わっていません。先日米オラクル社が”Cloud in a box”としてOracle Exadata Version2を発表しています。旧サンマイクロの製品ラインで、素晴らしい製品だと思いますが、これを「箱に入ったクラウド」と呼ぶのは感心しません。また同社会長のラリーエリソンがSalesforce.comをこき下ろし、それに対し、米セールスフォースドットコム会長マークベニオフが反論し、パブリック対プライベートの対決はこのところヒートアップしています。いずれのサイドも一歩も引けない状況でしょうから、この議論は相当期間続くかもしれません。

いずれにしろ中小企業の方々にとって、多額の投資を必要とするプライベートクラウドは選択肢として現実的ではなく、パブリッククラウドをいかに活用するかを考えることが必要です。そのためにも、クラウド導入に当たって、大きな初期投資が必要となるソリューションは「クラウド」の本質からハズれており、そのような投資を必要としないソリューションを検討すべきです。

ブラウザでWordをpdfに変換

Word、Excelなどで作成したファイルをpdfに変換して配布した場合もあるのではないでしょうか?

PDFファイルの作成というと、Acrobatが本家なのですが、ソフトウェアを買わねばなりません。あるいはプリント出力の代わりにpdfファイルへ出力する方法もあります。ただしこの場合、無償のものもありますがAcrobatと同様、ソフトウェアをインストールする必要があります。

クラウド時代なので、出来ればソフトウェアはインストールせずに、ブラウザのみを使ってpdfファイルに変換できるとうれしいですよね。

ExpressPDFはそれを実現してくれるサイトです。

expresspdf

expresspdf

変換できるのは、Word、Excel、ウェブページ。ファイルを選択するか、URLを選択、通知を受信するメールアドレスを入力し、変換ボタンを押すだけ。操作自体はいたって簡単。しばらくすると、サイトへのリンクが送られてきて、そのページからPDFをダウンロする。サイト登録も費用も不要。

日本語でも問題ないようですが、ファイル名に日本語を使用すると、文字化けするので、ファイル名には日本語を使わない方がよさそうです。

米ベライゾンのクラウド展開に学ぶ

米国にて携帯電話およびデータセンタービジネスを展開しているベライゾン社(Verizon)が新たに中小企業をターゲットとしたクラウドの展開を開始しました。CaaS SMBと呼ぶものです。CaaSは恐らくベライゾンの造語で、Computing as a Serviceの略です。IaaS、PaaS、SaaSのどれとも違うと言いたいのでしょうがあまり感心しません。それは別の機会に議論することにします。SMBは、もちろん三井住友銀行ではなく、Small and Medium Businessの略で、中小企業のことを意味しています。

クラウドは中小企業にとって経営課題を解決するための強力な武器になり得るものです。このベライゾンのサービスは米国内ユーザ向けのため、日本から利用することができませんが、中小企業の方々へクラウドサービスを提供する際の参考になると思い、ベライゾンを例にとって日本での展開を考えてみたいと思います。

CaaS SMBには以下の特徴があると主張しています。

  1. シンプルなウェブベースのコンソール
  2. 最低使用料なし、期間拘束もなし
  3. 完全冗長化アーキテクチャ
  4. サーバクローニング
  5. ハードウェア負荷分散
  6. 各種オペレーティングシステムを選択可能
  7. 既存アプリとの互換性
  8. 組み込み済みセキュリティ機能

ウェブベースのコンソールでコントロールなので、技術的バックグラウンドがなくても利用可能、ということですが、今日のクラウドではウェブベースのコンソールは常識です。とはいえ、技術的バックグラウンドがなくても利用可能かどうかはやや疑問。

最低使用料や期間拘束がないのもクラウドの常識ですね。

完全冗長化というのは、どこかハードウェアに障害が発生しても、利用できなくなるという事態が発生しないよう、多重化されているということです。冗長化の程度はクラウドサービスの提供者によって異なりますが、完全冗長化はメリットです。

サーバのクローニングというのは、サーバのクローンを作っておくことができる機能です。本番稼動しながら、クローン側で開発をおこなうといった利用方法から、サーバのバックアップとして利用することもできます。

ハードウェア負荷分散装置は、複数のサーバが存在する場合、均等に負荷を分散するためのハードウェア装置です。専用ハードウェアを用いず、ソフトウェアで行うこともできますが、高い性能が必要な場合にはハードウェアの方が有利です。ベライゾンでは専用ハードウェアを利用可能ということです。

OSについては、Windows2003、Windows2008、各種Linuxが利用可能とのことです。この辺もアマゾンAWSと同じです。

既存アプリとの互換性とは、既存アプリをなんら変更しなくてもCaaS SMBで動作可能という意味のようです。残念ながら既存アプリを何も変更せず、ただクラウド上で動作させても意味がない、ということはないですが、たいした意味を持ちません。多少コスト削減ができるかも、というレベルのはずです。

セキュリティ機能が組み込み済みという点はこのサービスの利点です。

このCaaS SMBは例えばAmazon AWSと比較して、極端に違っているという感じはしません。ただし、Amazon AWSは先進の機能が盛り込まれていますが、その分、分かりにくいというか単純ではありません。ベライゾンはAmazon AWSに比べるとシンプル化されており、分かりやすいという利点があります。また、ユーザにとっては、携帯電話を始めとする通信系の契約とあわせて契約できる点が利点になると思います。

とはいえ、多くの中小企業にとって、クローニングやハードウェア負荷分散装置等をどう使えばいいのか、まだまだハードルが高いように思います。

中小企業向けとはいうものの、やはり当社ベルシステム研究所のように、クラウド提供者と、ユーザである中小企業との間を取り持つプレーヤは不可欠なのではないでしょうか。

クラウドのセキュリティ

クラウドの対する懸念の一つとしてセキュリティをあげる人がいます。その反論としてよく言われるのが、タンス預金より銀行に預けたほうが安全ですよね、それと同じ。特にリソースがそれほど豊富とは言えない中小企業にとって、自社で築くセキュリティ対策より、専門家に任せた方がいい、という論理です。
でもこの議論は少し乱暴なような気がします。
銀行に預ければ、その時点で銀行の預金残高の一部になり、もはや物理的に自分の預金がどこにあるかわからなくなります。例え銀行強盗が押し入って現金を奪われても、それは全体の一部ということにすぎず、誰かが預金したものと特定されることはありません。
ところがデータの場合、物理的にどこかの保管され、その部分を盗み出される可能性があります。もっともアマゾンなど高度に仮想化されたシステムでは、誰がどの場所を使用しているかを特定することは相当困難ではあります。
あえていえば、クラウドにデータを預けるのは、銀行の貸し金庫に預けるようなものではないでしょうか。

怪しい貸し金庫業者に預けるのでは意味がなく、ちゃんとした銀行の貸し金庫に預けないといけません。
同様にクラウドもちゃんとした業者を選ぶ必要があります。

クラウドとは?

一言で言うとクラウドとは何ですか、という質問をよく受けます。それだけわかりにくということでしょう。それもそのはず、そもそも漠然としたものであるということと、それゆえ、様々な立場の人間が好き勝手に定義しているからです。

もっとも、クラウドに限らず、パソコンとは何か、と問われても、個人用の計算機とか、オフィスワークのツールとか、インターネットを使うための通信装置だとか、いろいろな定義が出てくるかもしれません。要するにどの角度からそのもとを捉えるかがポイントになります。

中小企業のクラウド活用という観点から見た場合、クラウドとは一言で言うと、「先端かつ最新のソフトウェアをオンラインでレンタルできる仕組み」ではないでしょうか(ちょっと長すぎて一言で言えていないという批判があるかもしれませんが)。

「”オンデマンド ムービー”のソフトウェア版」というのがいいかもしれません。見たいものだけ選んで、その分だけ費用を払えばいい。選べる映画のリストは日々更新され、ネットにつながる端末だけ用意しておけば、常に最新の映画を選ぶことができる。それのソフトウェア版です。

なので、

  • ハードウェアを購入、準備しておく必要はありません。ソフトウェアの購入も不要。
  • 維持、保守は不要で、常に最新のソフトウェアを利用できます。
  • 使った分だけ費用を払えばよくて、使用しなくなれば、費用を払う必要もありません。

この仕組みの利点の一つは、同じ環境を多数の人間が利用するところです。
これにより、そのシステムは使い込まれ、改修は全利用者に適用され、より洗練されたものになっていくからです。