Facebookを避けた方がいい4つの理由:第四話

日本ではソーシャルメディアとしてTwitterが先行していますが、そろそろFacebookの出番という声も聞こえます。中小企業でもソーシャルマーケティングを展開すべきという意見もよくささやかれていることはご存知のところです。あ
そんな中、Small Business Trendと言うサイトで、「Facebookを避けた方がいい4つの理由」という記事がのっていましたので、紹介したいと思います。

ついていけない

中小企業のオーナーから時間を奪っていくのは単なる日々のやり取りや更新だけではない。Facebookの間断なく発生する変更や更新についていくための時間も考慮する必要がある。Facebook上にプレゼンスを構築することは、Facebookがどれかの機能を削除したことを数日のうちに気づかねばならないことを意味するのだ。1年前のものと比較して、現在のベストプラクティスが何かを知っておくことが必要だ。ソーシャルメディアでは物事の変化が速いのだ。ちょっと目をはなしているすきに、何かを見落とし、トラブルに陥るか、絶好のチャンスを逃すことになる。

むろんこれらのルールはFacebookだけに当てはまるわけではない。いずれのソーシャルメディアやマーケティングチャネルにしろ、投資する前に、やろうとしている理由を明確にし、自身の目標を達成するためにそのサイト/プラットフォームをいかに利用するかを良く理解しておくことだ。皆が話題にしているからという理由で、Facebookにページが必要ななんて思わないことだ。ホームワークをし、そこにいる目的をしっかりと持つことだ。

ソーシャルメディアのみならず、クラウド系は変化のスピードが速いようです。始めるなら、そのスピードについていく覚悟が必要です。

Facebookを避けた方がいい4つの理由:第三話

日本ではソーシャルメディアとしてTwitterが先行していますが、そろそろFacebookの出番という声も聞こえます。中小企業でもソーシャルマーケティングを展開すべきという意見もよくささやかれていることはご存知のところです。
そんな中、Small Business Trendと言うサイトで、「Facebookを避けた方がいい4つの理由」という記事がのっていましたので、紹介したいと思います。

Facebookが自社ビジネスの目的に合致していない

全ての中小企業がソーシャルメディアでのプレゼンス構築より恩恵を受けられるわけではない。公開前に全て法務部や広報部の許可を得なければならないようなビジネスであれば、ソーシャルメディアが新たなボトルネックになりかねない。あるいは恐らく顧客とのやり取りをしたくなくなるであろう。もしそうならば、メッセージを発信するもっといい手段が他にあるはずで、社内の誰か他の人に「ソーシャル」なってもらうことだ。ソーシャルメディアがビジネスの目的に合致していないなら、店を出さなきゃと思わないほうがよい。

物言えば唇寒し秋の風、というのがありますが、さしずめ、物書けば首寒し、となりかねないビジネスもありますから、ご注意ください。

Facebookを避けた方がいい4つの理由:第二話

日本ではソーシャルメディアとしてTwitterが先行していますが、そろそろFacebookの出番という声も聞こえます。中小企業でもソーシャルマーケティングを展開すべきという意見もよくささやかれていることはご存知のところです。
そんな中、Small Business Trendと言うサイトで、「Facebookを避けた方がいい4つの理由」という記事がのっていましたので、紹介したいと思います。

自社の読者はそこにいない

マーケティングの人間が好んで話しているからといって、自社の読者がFacebookサイトにいる、と想定するのは得策ではない。中小企業のオーナーとして、自社サイトへ誘導できない、あるいは、認知度を上げることに貢献しないサイトに時間とコストをかけるのは無駄だ。自社向けのフィットしたソーシャルネットワークを選ぶ際にスマートな選択したいはず。そのためには、プレゼンスを構築する前に、自社サイトの分析結果、リファラーログを時間をとって分析し、顧客にどのソーシャルネットワークを使うかを聞いてみるのもいい。そうでなければ、参加するパーティに向いていないドレスを買うようなことになってしまいかねない。

そう、服装を間違えると、パーティで一人だけ浮いてしまい、嫌煙されてしまう存在になりかねない、ということですね。

Facebookを避けた方がいい4つの理由:第一話

日本ではソーシャルメディアとしてTwitterが先行していますが、そろそろFacebookの出番という声も聞こえます。中小企業でもソーシャルマーケティングを展開すべきという意見もよくささやかれていることはご存知のところです。
そんな中、Small Business Trendと言うサイトで、「Facebookを避けた方がいい4つの理由」という記事がのっていましたので、紹介したいと思います。

Facebookに、企業とユーザとの間のコミュニケーションを増大させることを目的とした変更が行われている。私自身中小企業のオーナーであり、このアップグレードの発表は好ましい。長らく抱えていた不満の多くに対応するものであり、Facebookがそれらの多くに一度に取り組んでいることは評価できる。今や、Facebookが企業向けプラットフォームとしてアップグレードされたのであるから、Facebookを活用する方向に進み、自身の事業向けにFacebookのページを作るべきだ、となるのか?
実はそうではない。

Facebookがそのプラットフォームに大きなアップグレードを行ったからといって、活用すべき場所なのか。
以下は、Facebookにプレゼンスを持つべきでない理由をあげた。FacebookをTwitterやブログ、あるいはその他のソーシャルメディアと置き換えても同じことが当てはまる。

費やすだけのリソースがない

何万回となく聞いたことがあるはずだ。ソーシャルメディアサイトにプレゼンスがないよりも最悪なことは、酷いプレゼンスがあることだ。しかもしれは事実だ。Facebookに企業ページをつくることは、その他の何かではなく、Facebookに貴重な時間とリソースを注ぎ込む選択をするということを意味する。Facebookに強力なプレゼンスを築くには、誰か(あるいは何人かのグループ)がコンテンツを作成し、会話を開始し、やりとりし、節度ある活動を行わねばならない。Facebookに参加する時間がない、あるいは、そうすることに時間を費やす気持ちがないなら、最初からページを作らないことだ。始めてしまえば、管理せざるを得なくなる。あるいは、ゴミだけを集め、大して気にかけていないのだということをユーザに知らしてしまうことになる。

始めるにあたっては「覚悟」が必要ということですね。このブログも基本的に毎日更新していますが、毎日更新するのは楽なことではないのは事実です。