SaaSが持つべき必須要件:10

今やあちこちの企業からSaaS(クラウドアプリケーション)が提供されています。ただ、旧来のサービスをただ「お色直し」しただけの、いわゆる似非SaaSも存在します。似非と本物を見分ける方法は何でしょうか?
CloudAveのサイトで、「10 Critical Requirements for Cloud Application(クラウドアプリケーションが持つべき10の必須要件)」という記事を紹介していますので、ご紹介しましょう。
(当ブログの題ではクラウドアプリケーションをSaaSと言い換えていますが、同じ意味です)

非戦略的IT問題からの解放

これは私の最も気に入っているものだ。SaaSによりCIOとそのチームを非戦略的でバックオフィスのIT運用とソフトウェアコーディングに時間とエネルギーを割かれずにすむ。
今日および今後、最も高い価値を有するCIO、すなわちビジネスにおいてヒーローとなるもの、は戦略的ビジネス主導と、その主導を支援するITプロジェクトの推進とに整合性をとるものである。

SaaSが持つべき必須要件:9

今やあちこちの企業からSaaS(クラウドアプリケーション)が提供されています。ただ、旧来のサービスをただ「お色直し」しただけの、いわゆる似非SaaSも存在します。似非と本物を見分ける方法は何でしょうか?
CloudAveのサイトで、「10 Critical Requirements for Cloud Application(クラウドアプリケーションが持つべき10の必須要件)」という記事を紹介していますので、ご紹介しましょう。
(当ブログの題ではクラウドアプリケーションをSaaSと言い換えていますが、同じ意味です)

コントロール

SaaSでは、社内に置いてなくとも、自社データを完全にコントロールできるようでなければならない。最初にSaaSベンダーに連絡することなく、アプリケーションから、あるいはアプリケーションへデータのインポート、エクスポート、削除、アーカイブが可能でなければならない。

SaaSが持つべき必須要件:8

今やあちこちの企業からSaaS(クラウドアプリケーション)が提供されています。ただ、旧来のサービスをただ「お色直し」しただけの、いわゆる似非SaaSも存在します。似非と本物を見分ける方法は何でしょうか?
CloudAveのサイトで、「10 Critical Requirements for Cloud Application(クラウドアプリケーションが持つべき10の必須要件)」という記事を紹介していますので、ご紹介しましょう。
(当ブログの題ではクラウドアプリケーションをSaaSと言い換えていますが、同じ意味です)

より迅速なデプロイ

SaaSはハードウェアやソフトウェアの投資やインストールが不要であるため、社内ソフトウェアに比べて、瞬く間に動作させ、本番運用に供することができる。

SaaSが持つべき必須要件:7

今やあちこちの企業からSaaS(クラウドアプリケーション)が提供されています。ただ、旧来のサービスをただ「お色直し」しただけの、いわゆる似非SaaSも存在します。似非と本物を見分ける方法は何でしょうか?
CloudAveのサイトで、「10 Critical Requirements for Cloud Application(クラウドアプリケーションが持つべき10の必須要件)」という記事を紹介していますので、ご紹介しましょう。
(当ブログの題ではクラウドアプリケーションをSaaSと言い換えていますが、同じ意味です)

予測可能な総所有コスト・モデル

SaaSでは予期しないコストが発生しないこと。実装コストは予測可能で、サブスクリプション・ベースの価格には表に出ていない料金が含まれず、ハードウェアやソフトウェアへの投資が必要でないこと。

SaaSが持つべき必須要件:6

今やあちこちの企業からSaaS(クラウドアプリケーション)が提供されています。ただ、旧来のサービスをただ「お色直し」しただけの、いわゆる似非SaaSも存在します。似非と本物を見分ける方法は何でしょうか?
CloudAveのサイトで、「10 Critical Requirements for Cloud Application(クラウドアプリケーションが持つべき10の必須要件)」という記事を紹介していますので、ご紹介しましょう。
(当ブログの題ではクラウドアプリケーションをSaaSと言い換えていますが、同じ意味です)

ハイパフォーマンスで持続可能なインフラ

プロバイダはハイパフォーマンスなITインフラを維持しなければならない。それには、SaaSを実行し、顧客データを管理するために用いられるデータセンター、データベース、オペレーティングシステム、ネットワーク、ストレージシステムが含まれる。

SaaSが持つべき必須要件:5

今やあちこちの企業からSaaS(クラウドアプリケーション)が提供されています。ただ、旧来のサービスをただ「お色直し」しただけの、いわゆる似非SaaSも存在します。似非と本物を見分ける方法は何でしょうか?
CloudAveのサイトで、「10 Critical Requirements for Cloud Application(クラウドアプリケーションが持つべき10の必須要件)」という記事を紹介していますので、ご紹介しましょう。
(当ブログの題ではクラウドアプリケーションをSaaSと言い換えていますが、同じ意味です)

世界トップクラスのデータセンターとセキュリティ

SaaSプロバイダは、顧客が自身で行うよりも優れており、追加コストなしで、世界トップクラスのセキュリティとデータ保護を提供する必要がある。これには物理的、ネットワーク、アプリケーション、データレベルのセキュリティと、フルバックアップと災害対策が含まれる。プロバイダは、セーフハーバー、ISO27001、SAS70 TypeIIなどのセキュリティ関連法と監査プログラムに準拠している必要がある。

SaaSが持つべき必須要件:4

今やあちこちの企業からSaaS(クラウドアプリケーション)が提供されています。ただ、旧来のサービスをただ「お色直し」しただけの、いわゆる似非SaaSも存在します。似非と本物を見分ける方法は何でしょうか?
CloudAveのサイトで、「10 Critical Requirements for Cloud Application(クラウドアプリケーションが持つべき10の必須要件)」という記事を紹介していますので、ご紹介しましょう。
(当ブログの題ではクラウドアプリケーションをSaaSと言い換えていますが、同じ意味です)

ビジネス志向で構成変更可能

SaaSは構成変更可能でなければならない。そうすればIT部門は高くつくカスタマイズ(私見では、従来のソフトウェアで最も過大評価されているもの)から解放され、業務の人間は組織で具体的なニーズに合致するようプロセスを構成することができる。すなわち、複数の構成タイプから選べるようでなければならないということだ。

SaaSが持つべき必須要件:3

今やあちこちの企業からSaaS(クラウドアプリケーション)が提供されています。ただ、旧来のサービスをただ「お色直し」しただけの、いわゆる似非SaaSも存在します。似非と本物を見分ける方法は何でしょうか?
CloudAveのサイトで、「10 Critical Requirements for Cloud Application(クラウドアプリケーションが持つべき10の必須要件)」という記事を紹介していますので、ご紹介しましょう。
(当ブログの題ではクラウドアプリケーションをSaaSと言い換えていますが、同じ意味です)

オンデマンドでシームレスなインテグレーション

SaaSはコスト、時間、既存の社内システムとオンデマンドアプリケーションとを統合するリスクを低減するために、ゼロから構築すべきである。顧客としては、クラウドプロバイダにインテグレーションのプラットフォームとツール、強力なパートナーのエコシステム、痛みのないインタグレーションを行うために一般的に必要な支援すべてを期待してよい。

SaaSが持つべき必須要件:2

今やあちこちの企業からSaaS(クラウドアプリケーション)が提供されています。ただ、旧来のサービスをただ「お色直し」しただけの、いわゆる似非SaaSも存在します。似非と本物を見分ける方法は何でしょうか?
CloudAveのサイトで、「10 Critical Requirements for Cloud Application(クラウドアプリケーションが持つべき10の必須要件)」という記事を紹介していますので、ご紹介しましょう。
(当ブログの題ではクラウドアプリケーションをSaaSと言い換えていますが、同じ意味です)

継続的なベンダー管理のアップデート

SaaSは継続的にアップデートされる単一バージョンのソフトウェアである。アップデートは
4年ごとの変更などありえないモデルである。というのも、業界は常に進化し、新しいものが出現しており、ビジネスパートナーや顧客は変化が起こるまで4年も待ってくれない。我々のペースに合わせるパートナーが必要なのであって、彼らのペースに合わせるために我々がスローダウンしなければならないようなパートナーは要らない。

SaaSが持つべき必須要件:1

今やあちこちの企業からSaaS(クラウドアプリケーション)が提供されています。ただ、旧来のサービスをただ「お色直し」しただけの、いわゆる似非SaaSも存在します。似非と本物を見分ける方法は何でしょうか?
CloudAveのサイトで、「10 Critical Requirements for Cloud Application(クラウドアプリケーションが持つべき10の必須要件)」という記事を紹介していますので、ご紹介しましょう。
(当ブログの題ではクラウドアプリケーションをSaaSと言い換えていますが、同じ意味です)

本物のマルチ・テナント方式

マルチ・テナント方式はSaaSを提供する上での唯一保証されたアーキテクチャで、従来のソフトウェアライセンスやアップグレードモデルに起因する多くの問題を解決するものである。ただこれだけだ。
マルチ・テナント方式では、全ての顧客が必ず同じバージョンのソフトウェア上に乗る。これはソフトウェアがアップデートされた際にはいずれかの顧客が取り残される、ということはなく、他のCIOと知識とリソースを共有する素晴らしいコミュニティを育成している私の経験から言えば、全ての顧客が同じバージョンのソフトウェアを使用している。
Multi-tenancy ensures that every customer is on the same version of the software. That means no customer is left behind when the software is updated, and in my experience that fosters a fantastic community for sharing knowledge and resources with other CIOs, all of whom are using the same version of the software.