「クラウドの経済問題」を考察する

RSSリーダーでいろいろなサイトの更新内容をチェックしていると、ふと目に留まった記事がありました。サイトはForbes。世界長者番付などを発表していることで有名な月刊誌ForbesのWebサイトです。
記事のタイトルは「Cloud Computing: the Economic Problem(クラウドコンピューティング:経済問題)」というもの。著者はTim Worstall。
この記事を確認してみましょう。

Worstall氏によれば、
“Hard drive failures become someone else’s problem for a start. But a part of the story is that bandwidth and storage elsewhere is cheaper than storage locally. Yes, of course there’s more to it than just costs but as we all know, costs do still loom large in any business decision.”

「ハードドライブの障害は、当初は別の人の問題になる。しかし(クラウドの)話は、帯域とストレージがローカルのストレージより安いということ。むろん、コストだけではないが、意思決定においてコストは重要な要素だ。」

クラウドというものの、ストレージのことにフォーカスしているようです。ストレージだけでクラウドを語るのはあまりに偏っていますし、せめてクラウドストレージなどの表現にすべきだと思います。
さらに、意思決定上コストが重要な要素であることは否定しませんが、帯域とストレージ容量の金額だけがコストでもありません。ローカルのストレージと比較するなら、維持、運用にかかる費用も考慮にいれる必要があります。

さらに同氏は、
“Backblaze has calculated the relative costs of bandwidth and storage over time. Bandwidth has been becoming more expensive relative to local disk space over that time. No, of course, no one knows whether this will continue into the future but those relative prices are, and have been, moving in the wrong direction for cloud computing over recent years.”

「Backblaze(オンラインバックアップサービス提供会社)が、長期にわたる帯域とストレージの相対コストの変化を計算してる。帯域はこの間、ローカルディスクよりも相対的に高価になってきている。いいや、もちろん、この傾向が将来も続きかどうかはわからない。しかし、相対的価格は近年、クラウドコンピューティングにとって、よろしくない方向に進んでいる。」

オリジナルサイトではBackblazeのリンクが、ルーレットのサイトに設定されているのはいただけませんね。それは別として、Backblazeのサイトの比較は、帯域、つまりMbps当たりの単価と、ストレージ、すなわちGbyte当たりの単価を比較しています。これはフェアな比較とは言えないと思います。ディスクに限らず、メモリも容量に関しては飛躍的に進化してきていますが、転送速度はネットワークに限らず、さほど進化していません。そういう意味で、ストレージも転送速度で比較すれば、ネットワーク帯域とそれほど違いが出てこないかもしれません。
ディスク容量は今やテラバイドが常識になっていますが、ディスクのパフォーマンスを計る要素の1つである、回転速度で言えば、長い間、3600rpmや7600rpm辺りでとどまっており、大きく変化していません。

”What I also thought was interesting was that downloading the average drive’s (average commercial, not average home PC) worth of data has been taking longer and longer over the last decade, even as bandwidth speeds have increased. It’s another indication that local disk technology has been advancing faster than data transmission over this period.”

「面白いと思ったことは、過去10年、帯域のスピードが上がっているにも関わらず、平均的なドライブ(平均的なホームPCではなく、商用のドライブ)全体のデータをダウンロードする時間が段々長くなっている。これはローカルのディスク技術がデータ転送より速く進化していることを表すもう1つの証拠だ。」

ネットワーク帯域の進化と、ディスク容量の進化とがバランスしていない、という意味では正しいと思いますが、決してディスク技術全般の進化ではありません。ちょっと一般化しすぎではないかと思います。

クラウド、次の大きな波

The Next Big Thing for Cloud Computing

by Elizabeth White on June 3, 2011
以下は、SYS-CON MEDIAで紹介されている記事。
来週月曜日からニューヨークで開催されるCloud Computing Expoに先立ち、ストレージ装置を製造・販売するTexas Memory Systemsのシステムコンサルタント、Joe Bromley氏へのインタビュー。
http://www.sys-con.com/node/1858870

“For many customers, the Cloud is still just an idea, and they do not know how the Cloud is built and operates,” observed Joe Bromley, Systems Consultant at Texas Memory Systems, in this exclusive Q&A with Cloud Expo Conference Chair Jeremy Geelan. “Cloud providers should continue to educate customers on how easy it is to take advantage of their services,” Bromley continued, “and let customers know the hardware that is in place that is being used to serve and protect their data.”

「多くの顧客にとって、クラウドはいまだ単なるアイデアであり、クラウドが如何に構築され、運用されているかを知らない」
Texas Memory Systemsのシステムコンサルタント、Joe Bromleyは、Cloud Expo Conferenceの議長であるJeremy Geelan氏とのインタビューで、こう答えている。
「クラウドプロバイダは、顧客に対して、自社のサービスを活用することが以下に簡単であるかをもっと教育し続けるべきだ。そして、顧客にサービスを提供し、データを保護するために使われているハードウェアを知らしめるべきだ。」

Cloud Computing Expo 2011

Cloud Computing Expo 2011

Cloud Computing Journal: A very general question first, about Cloud Computing itself: Surely we’ve heard all of this before in various forms and guises – grid computing / utility computing, etc.? What is different this time – why is everyone so convinced it will now work?

クラウドコンピューティング・ジャーナル:まずは非常に一般的な質問から、クラウドコンピューティング自体についてだ。これまで様々な形で聞いたことがあるのだが、それはグリッドコンピューティングやユーティリティコンピューティングだ。今回何が違い、皆何故、今回はうまくいくと確信を持っているのか。

Joe Bromley: Cloud computing has become more affordable, and is now a cost-effective option for the mainstream. In the past, the costs involved with cloud computing made it very difficult for most companies to justify the price. With the continual rise in the power of x86 hardware, and the use of less expensive, and open source, file systems, the infrastructure costs have dropped dramatically over the last five years, and this savings has been passed along to the customers.

Joe Bromley氏:クラウドコンピューティングはより手の届く価格になり、今やメインストリームの費用対効果の高いオプションになっている。過去には、クラウドコンピューティングのコストが高かったため、ほとんどの企業で価格面で[導入を]正当化することが非常に困難であった。x86ハードウェアパワーの継続的増加と、より安価でオープンソースのファイルシステムを利用することにより、インフラコストは過去5年で大きく下がった。顧客はこのコスト節約を喜んでいる。

Cloud Computing Journal: What are the three main factors driving companies toward the Cloud?

クラウドコンピューティング・ジャーナル: 企業をクラウドへと向かわせている3大要素は何か。

Bromley: The three main factors are:

  1. Cost savings associated with smaller in-house IT staff, less software licensing, and less hardware.
  2. Ease of management, customers no longer have to worry about software upgrades, hardware upgrades, migrations, or any of the management that comes with running a datacenter.
  3. Having an easy and inexpensive way to store a redundant copy of their data. Many companies will keep the primary copy of their data in-house, and use the Cloud for the redundant copy(ies).

Bromley氏: 3大要素は、

  1. 社内ITスタッフの規模が小さくなり、ソフトウェアライセンスの数が減り、ハードウェアも減ることによるコスト節約
  2. 容易な管理。顧客はもはや、ソフトウェアアップグレード、ハードウェアアップグレード、マイグレーション、あるいはデータセンター運用から発生する様々な管理を気にする必要がない。
  3. データの冗長コピーをストアする簡単かつ安価な方法であること。多くの企業はプライマリコピーを社内に保管し、冗長コピーの保管にクラウドを使うといった形だ。

Cloud Computing Journal: And what are the three main barriers preventing some companies from moving some of the on-premise computing to the Cloud?

クラウドコンピューティング・ジャーナル: では、オンプレミスコンピューティングからクラウドへの移行を阻んでいる3大障壁は何か。

Bromley: The three main barriers are:

  1. Trust – If a company loses it data, it is very likely that company will go out of business. Many companies would rather manage their own data, and not take the chance of having someone else lose it.
  2. Losing their IT staff – Many companies see their IT staff as a competitive advantage against other competitors in their field. One of the best examples is the financial exchanges. IT staff that can trim the latency from their transaction times can add profitability to their companies’ bottom lines. Many companies do not want to give up this competitive advantage.
  3. Lack of knowledge – For many customers, the Cloud is still just an idea, and they do not know how the Cloud is built and operates. Cloud providers should continue to educate customers on how easy it is to take advantage of their services, and let customers know the hardware that is in place that is being used to serve and protect their data.

Bromley氏: 3大障壁は、

  1. 信用- 企業がデータを消失させてしまえば、おそらくビジネスから撤退せざるを得ない。多くの企業は他人が消失させてしまうリスクをとるよりは、自社で管理する方を選ぶ。
  2. ITスタッフを失うこと - 多くの企業はITスタッフを業界における競争優位性と見ている。良い例が株式取引だ。取引処理の遅延をなくすことができるITスタッフは、純利益に貢献する。多くの企業は競争優位性を失いたくないのだ。
  3. 知識の欠如 - 多くの顧客にとって、クラウドはいまだ単なるアイデアであり、クラウドが如何に構築され、運用されているかを知らない。クラウドプロバイダは、顧客に対して、自社のサービスを活用することが以下に簡単であるかをもっと教育し続けるべきだ。そして、顧客にサービスを提供し、データを保護するために使われているハードウェアを知らしめるべきだ。

Cloud Computing Journal: How does your own company’s offering/s assist CIOs and organizations/companies?

クラウドコンピューティング・ジャーナル: 貴社自身が提供するものは、いかにCIOや組織/企業に役に立っているのか。

Bromley: We built a high-performance solid state storage appliance that allows companies to cut down the transaction times for their customers, and reduce their own batch processing, reporting, and modeling times. This allows companies to cut costs and increase revenues, helping them to improve the bottom line.

Bromley氏: 我々は、ハイパフォーマンスのSSD(ソリッド・ステート・ストレージ)アプライアンスを製造している。これは企業にとって、自身の顧客の操作に対する処理時間を削減し、企業自身の社内処理であるバッチ処理、レポーティング、モデリングの時間を短縮するものだ。結果、企業はコストを削減し、売上を増加さぜ、ボトムラインを向上させるのに役立つ。

Cloud Computing Journal: Are there other players in the Cloud ecosystem offering the same – or is your company unique? Why?

クラウドコンピューティング・ジャーナル:同じようなクラウドエコシステムを提供する企業は存在するのか。あるいは貴社はユニークなのか。そうであればどこがユニークなのか。

Bromley: There are other solid state storage companies in the industry, but TMS is unique because of the level of performance that we can offer. Due to our unique RAID architecture, we offer performance levels that are 5X higher than any other solid state storage company in the industry. This allows Cloud providers to offer higher levels of service, and maintain lower response times to a higher numbers of users.

Bromley氏: 業界内には、SSDを提供する企業が存在する。ただしTMSは実現できるパフォーマンスレベルという意味でユニークだ。わが社のユニークなRAIDアーキテクチャにより、業界内の他のSSDに比べて5倍のパフォーマンスを実現している。これにより、クラウドプロバイダは、より高いレベルのサービスと、より多くのユーザが利用しても、短時間応答を維持できるのだ。

Cloud Computing Journal: In the future what do you see as being the next “conquests” by virtualization and/or cloud computing? Are there any unclimbed heights yet in the enterprise? Is for example the convergence of telecoms and the cloud the Next Big Thing, or…?

クラウドコンピューティング・ジャーナル:将来、仮想化、あるいはクラウドコンピューティングで次に踏破を目指すものは何か。企業にとってまだ登っていない山はあるのか。例えば、テレコムとクラウドの統合が次の大きな波なのか、あるいは。

Bromley: The Next Big Thing for the Cloud is backup and recovery. I believe that the Cloud is an excellent and incredibly cost-effective way for companies to keep a redundant copy of their data. If the production copy of a customer’s data goes offline, the company can simply point their users towards the redundant copy in the Cloud. Moving the users to this redundant copy can be quick and easy. With performance available on an “as-needed basis,” Cloud providers allow customers to get more performance instantly when the redundant copy of their data becomes the production copy. This allows customers to hold on to their primary copy, and also allows them to use their IT staff as a competitive advantage if they see their IT staff as such. Backup and Recovery is not always sexy, but it is absolutely vital when needed.

Bromley氏: クラウドの次の大きな波はバックアップとリカバリだ。クラウドは、データの冗長コピーを保持していくためには、非常に素晴らしい費用対効果を持つ方法となると思う。本番の顧客データがオフラインになれば、企業は単に、ユーザをクラウドになる冗長コピーへと導くだけでよい。ユーザを冗長コピーの方は向かわせるのは簡単で迅速にできる。パフォーマンスレベルは「必要に応じて」となるが、クラウドプロバイダはデータの冗長コピーが本番となった際に、簡単により上位のパフォーマンスを顧客に提供できる。これにより、顧客はプライマリコピーを社内に保持し、ITスタッフを競争優位だとみなすのであれば、競争優位性として維持することができる。バックアップとリカバリは、いつもそんなに魅力的に見えないが、必要となった際には、極めて重要なものだ。

On the Cloud注記:
Texas Memory Systemsとしては、どのクラウドでどんなハードウェアを利用しているかをユーザに知らしめるというこては、自社のアピールになるということになります。なので、この記事の一部はやや偏った見解となっていますが、震災の影響もあり、BCP(事業継続性)の観点からもバックアップとリカバリはすでにそこそこ波が来ているようにも思います。

NIST、クラウドモデルのプロコン定義へ

NIST looks to define the pros and cons of cloud models

by William Jackson on May 13, 2011
以下は、GCN(Government Computer News)で紹介されている記事。
http://gcn.com/articles/2011/05/13/nist-cloud-models-pros-cons.aspx
Cloud computing has been identified as a tool for bringing greater efficiency, functionality and flexibility to government computing, but the variety of models for service delivery and customer needs complicates any discussion of the technology.

The National Institute of Standards and Technology is developing a synopsis of cloud models and of their strengths and weaknesses. A draft of Special Publication 800-146 has been released for public comment.

“Cloud computing is a developing area and its ultimate strengths and weakness are not yet fully researched, documented and tested,” according to Cloud Computing Synopsis and Recommendations. “This document presents what is known, gives recommendations on how and when cloud computing is an appropriate tool, and indicates the limits of current knowledge and areas for future analysis.”

クラウドコンピューティングは政府のコンピューティング環境に素晴らしい効率性、機能性、自由度をもたらすツールとして定義されているが、サービス提供モデルと顧客ニーズが多様化しているため、この技術に関する議論が混乱している。

(米)標準技術局はクラウドモデルおよびそれらの長所、短所の要綱を策定中である。パブリックコメント向けにSpecial Publication 800-146のドラフト版を公開している。

「クラウドコンピューティングの要綱と推奨」(On the Cloud注記:Special Publication 800-146のドラフト版のタイトル)によれば、
「クラウドコンピューティングは発展途上の分野で、究極のところ、その長所および短所はまだ完全には調べ切れてもおらず、ドキュメント化されておらず、テスト済みでもない。」「本ドキュメントは判明していることを紹介し、クラウドコンピューティングが如何に、何時適切なツールであるについて推奨し、現在の知識の限界と、今後の分析対象分野を示すものである。」

Cloud computing spans a spectrum of technologies, configurations, service models and deployment models, and the appropriate mix depends on an organization’s requirements. The most recently released document builds on earlier NIST publications, including a draft definition of cloud computing included in SP 800-145 and “Guidelines for Security and Privacy in Cloud Computing” in draft 800-144.

クラウドコンピューティングは技術、構成、サービスモデル、デプロイメントモデル、組織の要求に合わせてこれらをミックスしたものなど、広範囲にわたる。この最新のドキュメントは、SP 800-145に含まれているクラウドコンピューティングの定義のドラフトや、draft 800-144の「クラウドコンピューティングのセキュリティとプライバシに関するガイドラインなど、過去のNISTの刊行物を基に作られている。

“This is a general document,” NIST computer scientist Lee Badger said of the latest publication. “There is an opportunity and need for writing companion documents that explain subject areas in a lot of detail.”

Subject areas covered in SP 800-146 include deployment models, service models, economic considerations, operational characteristics, service-level agreements and security.

“Inherently, the move to cloud computing is a business decision,” the report concludes. Relevant factors to be considered include the readiness of existing applications for cloud deployment, transition and life-cycle costs, maturity of service orientation in the existing infrastructure, and security and privacy requirements.

The short definition of cloud computing used by NIST is “a model for enabling convenient, on-demand network access to a shared pool of configurable computing resources (e.g., networks, servers, storage, applications, and services) that can be rapidly provisioned and released with minimal management effort or service provider interaction.”

最近の刊行物において、NISTのコンピュータサイエンティスト、Lee Badger氏は以下のように述べている。「これは汎用的なドキュメントである。もっと当該分野を説明するための、付帯ドキュメントを書く機会と必要性がある。」

SP 800-146でカバーされている当該分野とは、デプロイメントモデル、サービスモデル、経済的考慮点、運用特性、サービスレベルアグリーメント、セキュリティである。

このレポートによれば、「本質的に、クラウドコンピューティングへの移行はビジネス上の決定である。」としている。考慮すべき関連要素としては、既存アプリケーションがクラウドデプロイメント、移行、ライフサイクルコストに対応できているか、既存インフラでのサービス志向の成熟度合い、セキュリティとプライバシに関する要件などだ。

NISTが使っているクラウドコンピューティングの短い定義は、「コンピューティング資源(ネットワーク、サーバ、ストレージ、アプリケーション、サービス)の共有プールへの、オンデマンドなネットワークアクセスを可能にするモデル。管理の手間やサービスプロバイダーの仲介作業を最小にしつつ、これらのリソースをすみやかにプロビジョンしリリースできるもの。」となっている。

Essential characteristics include on-demand self-service, broad network access, resource pooling, rapid elasticity and measured service.

The types of environments described in detail in the document are:

* Software-as-a-service (SaaS).
* Platform-as-a-service (PaaS).
* Infrastructure-as-a-service (IaaS).

The environments have different levels of maturity and complexity, Badger said. IaaS is a relatively new service offering, but many of its components are well-known equipment such as routers and switches. This makes assessing strengths and weaknesses easier.

本質的な特徴は、オンデマンドのセルフサービス型、幅広いネットワークアクセス、リソースプーリング、すばやい弾力性、およびサービス計測である。

このドキュメントで詳細に記載されている環境のタイプは以下の通り。

  • Software-as-a-service (SaaS).
  • Platform-as-a-service (PaaS).
  • Infrastructure-as-a-service (IaaS).

各環境の成熟度と複雑さのレベルはそれぞれ異なる、とBadger氏は述べている。IaaSは比較的新しいサービス形態であるが、そのコンポーネントの多くは、ルータやスイッチなど、非常に良く知られた装置である。このことにより、強みと弱みを評価することが比較的容易だ。

On the other hand, PaaS offerings are evolving rapidly with a variety of middleware and stacks. SaaS is not a new concept, but the scale being offered in the cloud is greater and the details depend on the operation of the applications being offered.

The document offers general recommendations for management, data governance, security and reliability, virtual machines, and software and applications. It also identifies a number of issues to be resolved by users.

“Cloud computing is not a solution for all consumers of IT services,” the document advises. “Complex computing systems are prone to failure and security compromise” and “it is important to understand that cloud systems, like all complex computing systems, will contain flaws, experience failures, and experience security compromises.”

一方、PaaSには、様々なミドルウェアとスタックがあり、新たに現れてきたサービス形態だ。SaaS自体は新しいコンセプトではないが、クラウドで実現されるスケールは、より大きく、その詳細は提供されているアプリケーションの運用により異なる。

同ドキュメントでは、マネージメント、データガバナンス、セキュリティ、信頼性、仮想マシン、ソフトウェア、アプリケーションに対する全般的な推奨内容について記載している。また、ユーザが解決すべき数々の課題についても記載している。

同ドキュメントでは、「クラウドコンピューティングはITサービスを利用する全ての顧客に対するソリューションではない」としている。「複合的なコンピューティングシステムは、失敗やセキュリティ面で妥協しがちである。複合的なコンピューティングシステムのように、クラウドシステムは、欠陥が存在したり、障害に遭遇したり、セキュリティ面での妥協などが発生するということを理解することが非常に重要だ。」

While these considerations do not eliminate cloud computing as a viable option, issues to be resolved in each case in making decisions about cloud computing include:

* Computing performance.
* Cloud reliability.
* Economic goals.
* Compliance.
* Data and application security.

Comments should be sent to 800-146comments@nist.gov by June 13.

これらを考慮しても、価値あるオプションとしては、クラウドコンピューティングを外すということにはならないクラウドコンピューティングに関する意思決定を行う際にそれぞれのケースで解決しなければいけない課題は以下のようなものだ。

  • コンピューティング性能
  • クラウドの信頼性
  • 経済面での目標
  • コンプライアンス
  • データとアプリケーションのセキュリティ

このドキュメントに関するコメントは、6月13日までに800-146comments@nist.govへ。

On the Cloud注記

依然として混乱する市場に対して、クラウドの定義では最も広く参照されているNISTがこのようなドキュメントを作成するのは非常に大きな意味があると思います。
ただ、NISTの定義も一般的ではあるものの、あまりにも幅広くカバーして、「なんでもかんでも」状態になっているため、定義の明確性が阻害されている感もあります。今回のドキュメントではその辺りが解消されているといいな、と思っています。

生産性を上げる驚きの方法(6)

いくらクラウドを始めとするITツールを使っても、生産性が簡単に上がるわけではありません。それらは支援ツールに過ぎないからです。ではどうすれば生産性が上がるのでしょうか。今まで通りにやっていれば、今まで通りの結果しか得られません。生産性を上げるには、今までに行っていない方法を採用する必要があります。
そこで、Small Biz Beeで紹介されている「7 Surprising Ways to be More Productive」で確認してみましょう。

嫌いな根源に対して寄付を約束する。

Pledge to donate to a cause you don’t like
本当にやりたくないタスクを引き受ける。そして、このタスクを決めた日時までにできなければ、最も嫌っている根源(世界連合を破壊しようとする科学者とか)にいくばくかの金額など、何かを寄付すると約束する。
嫌っている根源に寄付するという考えは、モチベーションを高めるのに非常に強力だ。ただしこれは、より大きな何かにとっておいた方がよい。

生産性を上げる驚きの方法(5)

いくらクラウドを始めとするITツールを使っても、生産性が簡単に上がるわけではありません。それらは支援ツールに過ぎないからです。ではどうすれば生産性が上がるのでしょうか。今まで通りにやっていれば、今まで通りの結果しか得られません。生産性を上げるには、今までに行っていない方法を採用する必要があります。
そこで、Small Biz Beeで紹介されている「7 Surprising Ways to be More Productive」で確認してみましょう。

ゲームにする

Mihaly Csikszentmihalyi氏は、フロー理論、あるいは最適体験理論により、仕事と生産性におけるエキスパートとして良く知られた人物だ。同氏によれば、平凡なタスクをどう考えるかについて変えて見ることにより、チャレンジするもの、あるいはゲームにしてしまうことを推奨している。
例えば、エクセルシートに使った費用を入力しなければならないとすると、時間を計り、そのスコアを破ることを目指してみる。まるでレースの競争のようにだ。
やらねばならないことを違う考え方で捉え、もっとゲーム要素を取り入れてみれば、もっと楽しみながら、かつ生産性を高められる。

On the Cloud注記:これは非常に良い方法です。私もよくやります。つまらない仕事をやらねばならない時、それを如何に少ない手数でやり遂げるかに挑戦してみたり、いやおうなく単純な作業をやらねばならない時には、単位時間内でどこまでやれるかに挑戦してみたりなど。お薦めです。

HootSuiteはAWSの障害から如何に回復したか

21日の夜、いつも使っているTwitterのクライアントソフトHootSuiteを起動して、ツィートを見ようとしたところ、なんだか調子悪い。投稿するとエラーになる、ツィートリストの更新も時々エラーになる。ま、こんな夜もあるさ、と諦めてベッドへ。次の朝、再チャレンジしたものの、むしろエラーの発生確率が高まったような気がして、直接Twitter.jpにアクセスしたところ、アマゾンAWSに障害が発生していることを知ったわけです。
AWSの障害は数日続き、大きな話題となりました。
このAWSの障害については、別途書きたいと思いますが、HootSuiteが如何に障害から回復したかについて、InformationWeekに記載されていますので、それを紹介しましょう。クラウドを考える上での参考になると思います。

HootSuiteはアマゾンのクラウドコンピューティングサービスを使うことにより、急速に成長することができた。ただし、今回の障害によりHootSuiteは、サービスが実際どの程度の信頼性を有しており、今後の障害リスクを如何にヘッジするかを再検討している。
HootSuiteのCTOであるSimon Stanlake氏が「全くの最悪ケースのシナリオ」と呼ぶ、アマゾンAWSの東海岸のデータセンタが障害になった木曜日、一日分の営業日をロスしたことになる。
ウェブ上の(Salesforce.comの)Chatterをモニターするソーシャルメディア・ダッシュボード機能を提供するHootSuiteは、木曜日の1:00amから7:00pmまでオフラインになった。その後、同じアマゾンデータセンターの異なるAvailability Zone上にバックアップサーバからサービスをリストアすることが出来た。アマゾンは、これらのZoneを高可用性のアーキテクチャの一部として市場展開している。すなわち、データセンター内の1つのZoneに障害が発生しても、その他のZoneに存在する顧客には影響がない設計になっていた。しかしながら、バージニアデータセンターの4つのZone全てが木曜日の事象が発生中影響を受け、データセンター・サービスは週末まで完全復活しなかった。
HootSuiteは、その時点でオフラインのAvailability Zoneに囲われていた、いくつかのカスタマデータを犠牲にし、火曜日の夜の時点のバックアップを元に進め、木曜日の夜にサービスを回復できた。これは、その期間中の新規ユーザや更新を行ったユーザ操作の一部を消失したことを意味する。
ブログへの投稿で、HootSuiteは、全ての$50ドル(および企業ユーザには追加の措置)を提供するとしている。HootSuiteのサービス規約では、24時間以上サービス停止の場合にのみ、払い戻しをするとしている。「ユーザに不便をかけたことを認識しており、正しいことをしたいのだ」(CEOのRyan Holmes氏)
Stanlak氏はアマゾンのインフラがもろかったことは不快な驚きであったとしている。「全てのAvailability Zoneが駄目になるのは、地域全体を駄目にする地震のようなシナリオであるという印象を持っていた。」とStanlak氏はインタビューに答えている。
Satanlake氏は、一部はリスクは極めて少ないという観点から、バックアップとリカバリ計画をどの程度保守的にするべきかを決定していた。例えば、HootSuiteの本番データベースとWebサービスのインスタンスを頻繁に同期化したもので、いざというときには本番運用できる「ホットバックアップ」を維持するために必要な費用を評価する際に意味が出てくる。リスクは比較的に低いと考えていたため、一日分のデータを消失するリスクを受け入れていたのだ。
Stanlake氏によれば、HootSuiteのサービスでは、ユーザアカウントデータの管理はアマゾンのEBS(Elastic Block Storage)サービスに異存していた。木曜日の午後遅くまでに、アマゾンは4つのAvailability Zoneのうち、3つのZoneでサービスのリストアを完了した。しかし、HootSuiteの本番データベースを含むZoneはアクセスできなかった。時間が経つにつれ、またアマゾンが問題解決に近づいていないように思えたため、エンジニアチームはデータベースのバックアップコピーを元にサービスのリストアする以外に選択肢はないと決断した。「我々はこんな決定をしたくなかった。ただ、結果的にベストオプションであった。」(Stanlake氏)
というのも、HootSuiteは日曜日になるまでデータベースへのアクセスが回復しなかったからだ。
このような大変な状況であったが、Stanlake氏はクラウドコンピューティングのアイデアはまだ生きているとしている。技術をベースとしたスタートアップ企業にとって急速に成長するためには、標準的なWeb戦略になっているからだ。
「これらのサービスがなければ、今日の我々はなかったことに間違いないと思う。再発防止に関してサービスプロバイダと真剣な議論をする予定であることは確かだが。」(Stanlake氏)
「あらゆる可能性を否定しないが、おそらくすぐにアマゾンから移ることはないのではないかと思う。」(Stanlake氏)
「HootSuiteは冗長化に加えて、地域的に世界中の顧客をカバーするために、他のデータセンターとのリプリケーションするインフラ構築をすでに進めている。おそらくこの計画を加速するだろう。しかし、最も効率的な分散アーキテクチャの構築には時間がかかる。難しいのは、それを適切に行うことなのだ。」(Stanlake氏)

セールスフォース・ドットコム、Radian6買収へ

今年の注目分野のひとつとして、ソーシャルCRMがあります。これは「2011年中小企業向け技術予想トップ10:第2話」でも触れたものです。つまり、ツィッターやフェイスブックのようなソーシャルメディアとCRMが合体したものです。
そんな中、セールスフォース・ドットコムがソーシャルメディアのモニタリングツールを提供するRadian6を買収することを先日発表しました。これはセールスフォース・ドットコムが上記の流れに沿った、というよりも、セールスフォース・ドットコムのCRM分野におけるプレゼンスを考えると、大きなうねりになるかもしれません。

ソーシャルメディア上で自社に関するフィードバックや顧客の動向など、有用な情報が流れているように思えても、その情報を効率よく整理し、ビジネスに活用するのは容易ではありませんでした。
Radian6はまさにそれに対するソリューションを提供している会社です。

AppirioのEryc Branhamによれば、
「買収自体については非常に多くのメディアがカバーしているが、私がこの動きに非常にエキサイトしている理由は、セールスフォース・ドットコムがソーシャルCRMの価値を立証していることだ。すなわちCRMとソーシャルネットワークの結婚であり、企業と顧客の関係を全く新しいレベルに引き上げてくれるものだ。
顧客がいるところへ行くということは、顧客との関係と社会に対する洞察が増加するについれ、スケールアップできる高度に弾力的でスケーラブルなアプローチを持つことを意味する。加えて、Twitter、Linkedln、Facebookが急速に変化し、Quora、Focus、話題になるブログが新しいネットワークとして出現してくるダイナミックな世界だ。使っているソリューションはこのイノベーションのスピードにマッチしなければならない。祖ーしゃんるCRMはクラウドに特化しイノベーションのスピードに依存している。従って、クラウドのパイオニアの1つであるセールフォース・ドットコムがこのことを認識し、自身のコアCRMの経験をソーシャルCRMに活かそうとRadian6に投資することを決めたことにさほど驚きはしない。
セールスフォース・ドットコムがChatter製品にフォーカスするとともに、このことは、企業がソーシャルCRMの実験的フェーズを卒業し、企業全体への幅広い適用へ進んでいく予兆だ。」

セールスフォース・ドットコムにとってRadian6の買収は戦略的に重要であることは間違いないと思います。

Better than Worst

輪番停電のさなか、今日は最近になく寒かったため、電力消費量が増加し、大規模停電の恐れありということで、早々に帰宅の指示や一層の節電の依頼がありました。そもそも本数が減っている路線では、非常に混雑したものの、幸いにも大規模停電にはいたりませんでした。
電車にのるために長蛇の列、すし詰めの車内、寒い室内。
とは言え、避難されている方々と比べれば、天国かもしれません。
考えてみれば、もう少し発電所の被害が大きければ、この程度の節電や電車の間引きでは間に合わず、日常生活にも企業の業務にももっと大きな影響があったはずです。
そう考えれば、これでも明らかにBetter than Worst、よっぽどましですね。

東電、がんばってくれ!

国産クラウド大手では、IIJが今日になって同じく無償提供を開始する旨、発表がありましたが、Agility面で遅れている感はいなめません。アマゾンをはじめ、サクラ、GMO、NIFTY、Microsoft Azure等は東北地方太平洋沖地震発生の12日の時点で無償提供を表明していたのですから。

対応内容が二転三転した、といわれている東京電力はつくづく大変だろうと思います。福島第一原発の1号機と3号機が危険な状態だというにも関わらず、2号機も冷却停止。対応されている方々はさぞかし疲労されていることでしょう。計画停電にしても、おそらくは停電しなくて済むようギリギリの対応をしてくれたのだと思います。その結果、直前に計画変更が発表されるような事態が発生しているのでしょう。外野からは、もうちょっと何とかやり方があったのではないか等の批判が出てきています。そういう気がしなくもないですが、想定範囲外のことが起こっており、東電は前例のない対応を強いられていることを考えれば、やむを得ないのかもしれません。

重要なライフラインの1つですので、批判したいところをグッと堪えて、あえて、エールを送りたいと思います。

東京電力、がんばってくれ!!

微力ながら節電で応援しています。

復興に向けて出来ることを

まだまだ余震は続き、救出が必要な方もいらっしゃいます。福島原発の状態も予断を許さないようです。
そんな中でも、復興に向けての歩みを進めねばならないと感じています。
クラウドベンダーを始め、各社が情報提供、共有のためのインフラ提供、サイト提供を行っていますので、ご紹介します。

  • SAVE JAPAN:災害救援情報まとめサイト。
  • クラウドインフラ提供:インフラで困っている人はこちらへ。無料提供あり。
  • 消息情報:ドコモ、au、ソフトバンクの他にGoogleのPerson Finderも。
  • 募金:何も出来ないけど、募金なら。私も小額ながら募金させていただきました。

出来ることから。