ソフトウェアを迅速に変更する方法を考える

SalesRescueTeam.comの創設者TJ McCueが中小企業のためのクラウドコンピューティング・ガイド(Small Business Guide to Cloud Computing)として、15項目をリストアップしていますので、筆者のコメントともにそれを紹介します。ここではSaaSが中心になっています。

13. ソフトウェアを迅速に変更する方法を考える
アプリケーションのアップグレードが必要な場合、通常ユーザは二つの選択肢がある。
アップグレードを行うには高いコストと、新機能を評価し、実行計画を練り上げる時間が必要だ。新しいアプリケーションをテスト、デバッグ、実装し、トレーニングを実施するための要員も必要。
一方旧バージョンを使い続けるのは、アップグレード版の利点を無視することになる。
クラウドアプリケーションがデスクトップアプリケーションより完全に優れているとは思わないでもらいたい。そんなことはないのだから。ソフトウェアの課題を解決する、もう一つの方法であるにすぎないのだ。
いずれの場合も、ソフトウェア会社が変更を行なうのを待つしかない。しかしクラウドでは通常デスクトップアプリケーションより速いスピードでアップグレードが行われる。ベンダーはデータセンターでアップグレードを適用するだけで、ユーザにオンラインでアップグレードしたものを利用可能にできる。またユーザにはアップグレードコストが発生しない。
これは重要なポイントだ。月額費用にアップグレードが含まれている。毎年アップグレードが発生するならトータルコストは安くなるかもしれない。デスクトップアプリケーションでは、次のリリースまで待つしかなく、恐らく年一回だ。

Leave a Reply