2011年中小企業向け技術予想トップ10:第1話

IT Analysisというサイトで、SMB Groupが行った2011年中小企業向け技術予想トップ10が紹介されています。この予想を検証してみたいと思います。

No.1: モバイルコマースが広がる

「モバイルコマースはまだこれからといったところだが、インターネット端末がポケットや財布に入っている状態になると、モバイルコマースが広まるのは時間の問題だ。大規模な小売業者や企業がモバイルコマースをより簡単に、より使いやすく、より安全にするために投資していくにつれ、中小企業にも、競合力を維持するためにモバイルコマースの機能を開発すべしとする圧力が強まる。SMBグループの2010年モバイルソリューションに関する調査によれば、来年モバイル向けWebサイト、課金、製品とサービスのトラッキング、ドキュメント共有、営業、サポート、サービス分野で中小企業向けの強力なプランが用意されている。ただし、モバイルコマースの推進力となる事項と適用計画は業種によって、ビジネスおよびその他の要因によって異なる。ベンダーはこれらの異なる要件に応えたメッセージとソリューションが必要だ。中小企業がモバイルコマースへの依存度を増すと、時間を節約し、効率を上げるために、ERP、経理システム、CRMとモバイルコマースを統合する道を求めることになる。」

上記は米国のことを語っていますが、日本ではインターネット接続が可能な携帯端末がいち早く広まったことにより、モバイルコマースは米国よりやや先行してスタートしていました。ただ、スマートフォンとクラウドの普及により、さらに本格的なモバイルコマースが広まっていくことが予想され、さらに単機能ではなく、総合的にソリューションが望まれてくるものと思われます。

Leave a Reply