2011年中小企業向け技術予想トップ10:第10話

IT Analysisというサイトで、SMB Groupが行った2011年中小企業向け技術予想トップ10が紹介されています。この予想を検証してみたいと思います。このシリーズの最終話です。

No 10. 統合コミュニケーション/コラボレーション・スイートが集約されていく

2010年はまさにコラボレーションツール間のバトルになり、多くのベンダーが、情報の検索・共有、知識共有の拡張と強化や、Eメールやポイントソリューション以上に人々の結びつきを容易にする統合ソリューションを市場投入した。コラボレーションは唯一全ての従業員が日々関わる業務アクティビティであるため、IBM、Cisco、Google、マイクロソフトなど大規模なベンダーはもちろん、HyperOfficeからZohoまで小規模なベンダーも、市場での地位を拡大する努力と機能追加を続けている。
さらにベンダーは、自身の統合コラボレーションとコラボレーションの製品群の穴を埋めるために、CiscoはTandbergを買収し、GoogleはGoogle Vocieを投入し、VoIPとソフトフォンの機能を追加、HyperOfficeやIBMのLotusLiveはSkypeを取り込み、全てのベンダーがソーシャルネットワーキング機能を統合している。これらの障害が解決し、インテグレーションがスムーズになると、これらの集約されたサービスが中小企業の生産性の向上とコスト削減に役立つ。

今後この分野はより一層競争が激化していくものと予想します。

Merry Christmas and Happy Holiday!

Leave a Reply