Facebookのサーバルーム

アマゾンウェッブサービス(AWS)の障害後、データセンターの設計や運用に関する関心が高まっているようです。DataCenterKnowledgeというサイトでは、4月の閲覧数のトップ10は全てこのデータセンターの設計と運用に関する記事だったそうです。その中には、グーグルのデータセンターセキュリティ、Facebookのデータセンター設計、マイクロソフトのサーバとラックのカスタマイズなどが含まれています。

そこで、データセンターの話トップ10をご紹介しましょう。第2弾は、

Facebookのサーバルーム

オレゴン州プラインビルにあるFacebookの新データセンターのサーバルーム(Hot Aisle Containment System) (写真提供:Alan Brandt)

オレゴン州プラインビルにあるFacebookの新データセンターのサーバルーム(Hot Aisle Containment System) (写真提供:Alan Brandt)

Facebookは、オレゴンにある新データセンターのサーバとシステムの写真および設計を公表している。金曜日にジャーナリストと地元の役人にプリンスビルの施設の見学を許可したため、実物を見てきた。Facebookのデータセンター・エンジニアリング担当ディレクターJay Par氏がデータセンターのビデオツアーを担当し、2箇所の設置場所を見せてくれる。ビデオでは、Facebookを支える数千のサーバ群があるデータホールの中を見せてくれる。同施設のために作成したカスタムのサーバ、ラック、UPSも見ることができる。ビデオは8分間だ。
(On the Cloud注記:最後の方で画面が真っ暗で良く見えないが、サーバ群で熱せられた空気が流れる通路。サーバ群は操作が必要なものはフロント側に位置するように作られており、背面側は基本的に人が入ることがないため、明かりがないらしい)
第2部では、Facebookがプラインビルの施設のために開発したカスタムのクーリングシステムを紹介している。

Leave a Reply