2010年最もクラウドで驚いたこと5項目:第一話

2010年、「クラウド」が市民権を得た年だったように思います。
NETWORKWORLDに「5 Most Surprising Things about the Cloud in 2010」という記事が出ていますので、それを参考に振り返ってみたいと思います。

2010年は、「クラウドコンピューティング」が単に「クラウド」と呼ばれ、皆が「クラウド」、「SaaS」、その他のXaaS(PaaS, IaaS, DaaS)は全て同じアイデアで実装が違うだけ、つまり、オンラインで利用できるコンピューティングサービスのセットであり、必要に応じて契約、拡張できるものということに気づいた年であった。
むろん全ての混乱が解消したわけではない。しかし、Amazon、Microsoft、Oracle、Citrix、VMware、その他の企業が提供する具体的なサービスを見えば、IT関連の人々の多くは、クラウドがどういうものかの具体的なアイデアを理解することができた。
経験を積んだITマネージャが以前は良く分からなかったもので、2010年中にクリアになったものはなんだろう。以下が私が思うそのリストだ。

1. パブリッククラウドとプライベートクラウドに大した違いはない

2010年当初、最もよくある疑問は、クラウドはファイアウォールの中か、外のどちらに構築すべきかということであった。
同じ企業データとアプリケーションを扱うわけであり、ファイアウォールの中のサーバにあるか、クラウドの中にあるか、需要のピーク時にファイアウォールの外のクラウドにあるか、いずれにしても、同じリスクに直面していることになる。
ガートナーの仮想化の専門家であるクリス・ウォルフによれば、非常に多くの企業が完全に社内か、完全に社外かよりも、ハイブリッド・クラウドを構築中であり、その他の選択肢よりも普通になりつつある。
社内クラウドでリソース共有と効率化の観点からある程度の利点を得ることができるが、クラウドの本当の利点である弾力性(Elasticity)を得ることができない、以前ウォルフはCIO.COMに語った。

セキュリティの観点からパブリッククラウドとプライベートクラウドに大差はない、というポイントは賛成できます。ただハイブリッドクラウドを推奨しているかの意見には賛成しかねます。ハイブリッドクラウドは理想的なように見えて、構築は非常に困難であり、人的リソースが十分ではない中小企業の選択肢にはなりえません。現状では、将来の展開を考慮に入れた上で、パブリッククラウドの適用を検討すべきです。

2011年中小企業向け技術予想トップ10:第9話

IT Analysisというサイトで、SMB Groupが行った2011年中小企業向け技術予想トップ10が紹介されています。この予想を検証してみたいと思います。

No 9. ハイブリッドコンピューティングに対する要求が仮想化の適用を加速する

中小企業がクラウドコンピューティングを容認しようとも、問題なく動いているパッケージアプリケーションを使用し続ける。加えて、一部の業務については、社内システム用ソリューションを導入するであろう。何故なら、それが一番ニーズに合致しているから、あるいは個人情報保護、セキュリティ、法的規制に合致しているからだ。当面、ほとんどの中小企業は、ハイブリッド型で、社内システムとクラウドソリューションとを組み合わせる必要がある。仮想デスクトップや仮想ストレージオプションが増えてくるにつれ、中規模ビジネスでは、 今で理想的ではあっても、中小企業には予算的に見合わなかったような、クラウドで実現された高可用性や災害対策ソリューションが検討に値するようになる。
さらに、社内ITインフラのリモートマネージメントを担う、あるいは仮想化やクラウドベースのビジネス継続/災害対策ソリューションの導入を支援するマネージドサービスプロバイダも検討するようになる。
この分野ではVMwareが一歩リードしており、Citrixやマイクロソフトが追い上げている。IBM Virtual Desktop for Smart Businessなどの次世代仮想デスクトップと組み合わせたモバイルワークフォースは、仮想デスクトップの分野でより大きな関心事になる。
しかし、コスト節約、管理、プロビジョニングに利点に対する理解を深め、適用を促進するために、中小企業を教育するための投資を継続する必要がある。

中小企業にとって、VMwareを導入して、仮想デスクトップを実現するのはだいぶハードルが高いのではないかと思います。むしろ仮想デスクトップのSaaSを導入することを検討した方がいいように思います。
さらにもっと根本的には、一時的にはハイブリッドの形になるかもしれませんが、出来る限りハブリッククラウドを適用することを戦略とすることを検討すべきと考えております。

クラウドによる7個の新たなる変化:5点目

Internet.comにJeff Vance氏が”7 Hot Cloud Computing Innovation“というタイトルで記事を書いています。Innovationというのは、発明と訳すことが多いですが、個の場合はせいぜい新しい変化、ぐらいのことを意味しているのだと思います。そこで、彼のいう7点を検証していきたいと思います。

5点目:クラウドゲートウェイによるスムーズな移行

「パブリッククラウドは様々な面で利点があっても、非常に重要なデータについてはセキュリティ面から社内にキープしておきたい。結果、多くの場合パブリッククラウドへのゲートウェイとしてハイブリッドクラウドが位置づけられている。最近までパブリッククラウドと自社独自のものという組み合わせがハイブリッドであったが、クラウドストレージがゲートウェイになりつつある。安全にかつ拡張性があるクラウドストレージサービスは、今までのストレージと同様に扱え、アクセス頻度の低いデータをクラウドに保存することも可能となっている。」

ハイブリッドというのは便利な言葉なのですが、(a)一部パブリッククラウド+残りは既存のまま、という形と、(b)一部パブリッククラウド+残りプライベートクラウド、と言う形とでは大きく異なります。コンピュータメーカは(b)の形に移行してもらわないとビジネスにならないので、当然(b)を推しますが、簡単な話ではありません。

この記事ではクラウドストレージがパブリッククラウドへの移行の中間点のような記述になっていますが、これはやや疑問です。クラウドへの移行はビジネスプロセスの改革なくしては真の効果を発揮できないからです。詳細はいずれ記したいと思います。