生産性を上げる驚きの方法(7)

いくらクラウドを始めとするITツールを使っても、生産性が簡単に上がるわけではありません。それらは支援ツールに過ぎないからです。ではどうすれば生産性が上がるのでしょうか。今まで通りにやっていれば、今まで通りの結果しか得られません。生産性を上げるには、今までに行っていない方法を採用する必要があります。
そこで、Small Biz Beeで紹介されている「7 Surprising Ways to be More Productive」で確認してみましょう。

あまり働かない

パレートの法則によれば、ほとんどの場合、要素全体の20%が成果全体の80%を生む。これは何を意味するのか。つまり、全顧客の20%が、利益の80%を生み出しており、全従業員の20%がトレーニング資源の80%を占める、などなど。
すると、あまり働かないことがより生産性を上げるということになるかもしれない。これからやろうとしていることの中で、最も重要な20%が何かを識別し、残りを捨てるのに少し時間をとってみよう。より少ない労力でより多くのことを成し遂げられるはずだ。

生産性を上げる驚きの方法(6)

いくらクラウドを始めとするITツールを使っても、生産性が簡単に上がるわけではありません。それらは支援ツールに過ぎないからです。ではどうすれば生産性が上がるのでしょうか。今まで通りにやっていれば、今まで通りの結果しか得られません。生産性を上げるには、今までに行っていない方法を採用する必要があります。
そこで、Small Biz Beeで紹介されている「7 Surprising Ways to be More Productive」で確認してみましょう。

嫌いな根源に対して寄付を約束する。

Pledge to donate to a cause you don’t like
本当にやりたくないタスクを引き受ける。そして、このタスクを決めた日時までにできなければ、最も嫌っている根源(世界連合を破壊しようとする科学者とか)にいくばくかの金額など、何かを寄付すると約束する。
嫌っている根源に寄付するという考えは、モチベーションを高めるのに非常に強力だ。ただしこれは、より大きな何かにとっておいた方がよい。

生産性を上げる驚きの方法(5)

いくらクラウドを始めとするITツールを使っても、生産性が簡単に上がるわけではありません。それらは支援ツールに過ぎないからです。ではどうすれば生産性が上がるのでしょうか。今まで通りにやっていれば、今まで通りの結果しか得られません。生産性を上げるには、今までに行っていない方法を採用する必要があります。
そこで、Small Biz Beeで紹介されている「7 Surprising Ways to be More Productive」で確認してみましょう。

ゲームにする

Mihaly Csikszentmihalyi氏は、フロー理論、あるいは最適体験理論により、仕事と生産性におけるエキスパートとして良く知られた人物だ。同氏によれば、平凡なタスクをどう考えるかについて変えて見ることにより、チャレンジするもの、あるいはゲームにしてしまうことを推奨している。
例えば、エクセルシートに使った費用を入力しなければならないとすると、時間を計り、そのスコアを破ることを目指してみる。まるでレースの競争のようにだ。
やらねばならないことを違う考え方で捉え、もっとゲーム要素を取り入れてみれば、もっと楽しみながら、かつ生産性を高められる。

On the Cloud注記:これは非常に良い方法です。私もよくやります。つまらない仕事をやらねばならない時、それを如何に少ない手数でやり遂げるかに挑戦してみたり、いやおうなく単純な作業をやらねばならない時には、単位時間内でどこまでやれるかに挑戦してみたりなど。お薦めです。

生産性を上げる驚きの方法(4)

いくらクラウドを始めとするITツールを使っても、生産性が簡単に上がるわけではありません。それらは支援ツールに過ぎないからです。ではどうすれば生産性が上がるのでしょうか。今まで通りにやっていれば、今まで通りの結果しか得られません。生産性を上げるには、今までに行っていない方法を採用する必要があります。
そこで、Small Biz Beeで紹介されている「7 Surprising Ways to be More Productive」で確認してみましょう。

トイレに行くのを我慢する

心理サイエンスのジャーナルで最近発表された研究によれば、トイレに行くのを我慢している状態の方がより良い意思決定が出来るとしている。何故か?その理論は、少し居心地が悪く、メンタル的に抑圧された状態であれば、意識がより良い意思決定のモードにシフトするのだという。
驚くべきことが生産性とどう考えるかにインパクトを与えるのだ。自身の働く環境でも試してみてはどうか。人によっては雑音がないところの方が働きが良く、音楽が流れていた方がいいという人や、誰かが話しているような環境がいいという人もいて、様々なのだ。
トイレに行くのを我慢している状態に関する研究は、環境がどれほど重要な役割を担えるかということを思い出させてくれる。

On the Cloud注記:実はオリジナルのタイトルは「Have a full bladder」というもので、素直に訳せば「膀胱を満タンにする」といったところでしょうか。ちょっとタイトルにするのは躊躇し、意訳しております。
私は、電車の中にいるのがいいようです。それなりのノイズがあって、落ち着く場所でもなく、ということでしょうか。単にオフィスの外という意味合いがあるかもしれませんが。

生産性を上げる驚きの方法(3)

いくらクラウドを始めとするITツールを使っても、生産性が簡単に上がるわけではありません。それらは支援ツールに過ぎないからです。ではどうすれば生産性が上がるのでしょうか。今まで通りにやっていれば、今まで通りの結果しか得られません。生産性を上げるには、今までに行っていない方法を採用する必要があります。
そこで、Small Biz Beeで紹介されている「7 Surprising Ways to be More Productive」で確認してみましょう。

「仮に○○であれば」計画を使う

物事をやり遂げる秘訣は、タスクを「仮に○○」であればに置き換えて見ること。例えば重要なメールを送らねばならないにも関わらず、できそうもないとする。
やり遂げるには、「空き時間を見つけたら、あのメールをやっつける」と自分自身を精神的に準備させるのだ。
この条件的構造はマジックのようにうまくいくようだ。

(On the Cloud注記:ここで取り上げられている方法のうち、私には最も納得できないものだ。「仮に○○になれば、半ば強制的に××をやる」と決めて、その通りに実施するということだが、これには相当強い意志が必要だ。人間、「空き時間を見つけたら」と決めても、やりたくない気持ちが強いと、いつのまにか空き時間らしきものがあっても、何か理由を作って「今時間は空いていない」と自身に言い訳することが多いように思う。
まさに機械的に実行することを決め、その通りにできれば、役に立ちそうだ。)

生産性を上げる驚きの方法(2)

いくらクラウドを始めとするITツールを使っても、生産性が簡単に上がるわけではありません。それらは支援ツールに過ぎないからです。ではどうすれば生産性が上がるのでしょうか。今まで通りにやっていれば、今まで通りの結果しか得られません。生産性を上げるには、今までに行っていない方法を採用する必要があります。
そこで、Small Biz Beeで紹介されている「7 Surprising Ways to be More Productive」で確認してみましょう。

仕事の時間をスケジュールしておいて仕事をしない

グーグルでは、社員は時間の20%を何かやりたいことに割り当てている。この時間から、GmailやAdsenseなどいくつかの優れた製品やアイデアは生まれたのだ。
同じようなことをしてみよう。まとまった時間を仕事に割り当てておき、直接やらなければならないことをやらないでおくのだ。ぼんやりと、新しいアイデアについて考え、心の向くまま少し歩き回ってみる。働いている時間だが、実際には働いていないのだ。
驚くべきことだが、仕事をしていないことがアイデアを生み出すの役立つようだ。

(On the Cloud注記:私も時々実践しています。ふらっと良いアイデアを思いつくことも良くあります。騙されたと思って、試して見てください。きちんと時間を割り当てておくことが肝のようです。)

生産性を上げる驚きの方法(1):30分働き、30分遊べ

いくらクラウドを始めとするITツールを使っても、生産性が簡単に上がるわけではありません。それらは支援ツールに過ぎないからです。ではどうすれば生産性が上がるのでしょうか。今まで通りにやっていれば、今まで通りの結果しか得られません。生産性を上げるには、今までに行っていない方法を採用する必要があります。
そこで、Small Biz Beeで紹介されている「7 Surprising Ways to be More Productive」で確認してみましょう。

30分働き、30分遊べ

このアプローチは、何か30分働いた後、30分何か楽しめるものでブレイクをとるというものです。普通ではないが、非常にうまくいく方法です。
その理由は、30分の仕事であれば、レーザーフォーカスのように集中できるからです。そして、30分の遊びは自身をリチャージし、創造的なエネルギーが流れ続けるようにすることができるからです。

(On the Cloud注記:普通、人の集中は1時間しか持たないといいますが、非常に集中できるのはそんなに長くないわけです。なので、30分に区切ってめちゃくちゃ集中し、残り30分は次に備えてエネルギーを蓄え、また30分極限の集中、というように集中するのは良い手かもしれません。下手すると、30分の「遊び」ばかり注目されて、遊んでばかりだと言われるかもしれませんが、そんなことを気にしていては、究極の生産性は成しえないかもしれません。)