2011年中小企業向け技術予想トップ10:第3話

IT Analysisというサイトで、SMB Groupが行った2011年中小企業向け技術予想トップ10が紹介されています。この予想を検証してみたいと思います。

No 3. 中小企業にとってApp Storeが主要な情報ソースとチャネルになる

2010年市場への道と題した調査にも記したように、最も悩んでいる技術的挑戦の第2位は、いかにしてビジネスに役立つソリューションを見分けるかということだ。中小企業の多くは、サーチエンジン、Eメールサービス、ウェブサイトを利用して、この混乱を見極め、技術的なソリューションの情報を得ようとしている。

App Store、いわゆるマーケットプレイスは、ユーザによる評価やガイドを見ることができるため、中小企業にとって、最もフィットするソリューションを見定めるのに役立つ。マーケットプレイスではシングルサイオンでアクセスでき、統合された機能を利用できる。Google Apps Marketplace、Intuit’s Workplace、 GetApp.com、Constant Contact Marketplace、Zoho Marketplaceは最近スタートした中小企業にフォーカスしたマーケットプレイスの例だ。2011年には、これらは中小企業にとってますます重要な情報ソースであるチャネルとなる。我々の調査によれば、中小企業の半数は、App Storeを利用している、または利用する予定だ。App Storeを運営するベンダーは、競合に打ち勝つためには、優れたアプリケーションが選択できるだけではなく、良質な情報、コミュニティ、ガイダンス、インテグレーション、Eコマースの使い勝手を実現する必要がある。

Google Apps Marketplaceに代表されるApp Storeは非常に便利です。多くのアプリケーションは試用することもできるため、本格的に使い始める前に自身で評価することも可能な場合が多いです。App Storeは十分検討の価値があると思います。