カートのコンバージョンを高める4つのステップ-4

Eコマースサイトで最も注力すべきところの1つは、最後のチェックアウトプロセスであることは間違いありません。
HubSpotのサイトで、「ショッピングカートのコンバージョンを高めるための4つのステップ」という記事がのっていますので、それを紹介しましょう。

Step 4: Reward Repeat Customers(常連客に報いる)

“According to the Center for Retail Management at Northwestern University, only 12%-15% of customers are loyal to a single retailer, but that small cadre of shoppers can generate between 55%-70% of the company’s sales. This goes to show that your job is not done after the original point of sale.”

「ノースウェスタン大学の小売管理センターによれば、顧客の12%から15%が単一店の常連になるが、この小さな集団が55&から70%の売上を占めているとのこと。これは、最初の販売が終わったからといって仕事が終わったわけではない、ということを意味している。」

お客様は大切にしなきゃいけない、っていうことですね。

カートのコンバージョンを高める4つのステップ-3

Eコマースサイトで最も注力すべきところの1つは、最後のチェックアウトプロセスであることは間違いありません。
HubSpotのサイトで、「ショッピングカートのコンバージョンを高めるための4つのステップ」という記事がのっていますので、それを紹介しましょう。

Step 3: Automatically Email Customers Who Abandoned Their Carts(カートを放棄した顧客に自動的にメールを送る)

“An eConsultancy survey recently found that 84% of companies who sent emails targeting cart abandonment saw an increase in conversion. This is one simple step that can go a long way.”

「eConsultancyの最近の調査によれば、カート放棄をターゲットにしたメールを送信した企業の84%はコンバージョンが増加している。これは役立つ1つのシンプルステップだ。」

みんな様々な理由でショッピングカートに商品を追加したまま、カートを放棄しています。それをターゲットにして、割引しますよ、みたいなメールを送るというのは確かにいいアイデアかもしれません。

カートのコンバージョンを高める4つのステップ-2

Eコマースサイトで最も注力すべきところの1つは、最後のチェックアウトプロセスであることは間違いありません。
HubSpotのサイトで、「ショッピングカートのコンバージョンを高めるための4つのステップ」という記事がのっていますので、それを紹介しましょう。

Step 2: Reduce Clutter and Get Rid of Hoops(ごたごたを減らし、繰り返しを避ける)

“Ideally, the checkout process itself should be no more than four steps. Include a progress bar, and only ask for the most essential information. After the submission, you can ask for additional information, including an invitation for the shopper to create an account to streamline future purchases.”

「理想としては、チェックアウトプロセス自体は4ステップ以下であること。プログレスバーを付け加え、必須の情報だけを問うようにする。一旦送信した後に、次回以降の購入を簡単にするためのアカウント作成を促すなど、追加の情報を聞けばいいのだ。」

注文する際に、ユーザ登録が必要です、なんていうサイトもありますが、面倒だから止めてしまったことが何回もあります。あのフローは特にいただけませんね。

カートのコンバージョンを高める4つのステップ-1

Eコマースサイトで最も注力すべきところの1つは、最後のチェックアウトプロセスであることは間違いありません。
HubSpotのサイトで、「ショッピングカートのコンバージョンを高めるための4つのステップ」という記事がのっていますので、それを紹介しましょう。

Step 1: Identify Key Shopping Milestones(プロセスのの主マイルストーンを特定する)

“For most customers, online shopping is not a linear process. Purchase decisions today are increasingly made over time and after a number of different touch points. Customers may compare products reviews, check out the shipping page, or leave and come back after an email offer.”

「ほとんどの顧客にとって、オンラインショッピングは一本道のプロセスではない。今日、購入決定はますます長い時間を費やし、様々なタッチポイントが発生する。顧客は、製品レビューの比較、配送情報ページのチェック、一旦サイトから離れた後お知らせメールの後に戻るなど、様々なことを行うのだ。」

従って、顧客が訪れているページ、どこからどこへ遷移したのか、などをよく分析し、その分析に基づいて、ページを最適化していくことが必要です。

Eコマースの最新トレンド-4

Eコマース、あるいはオンラインショッピングは、広く一般の生活に入り込んできており、市場規模としても無視できない大きさになってきました。
ところでこれまでのところ、Webページにカタログを配置し、ショッピングカートに商品を入れて決済。そのWebページへは検索結果、バナー広告、リスティング広告、ダイレクトEメールなどが主たるソースになっています。
では次に来る波はどんな波なのでしょう?
Articlesbaseのサイトで紹介されている「Emerging Trends in E-Commerce 2011(2011年起こりつつあるEコマースのトレンド)」で上げているポイントを検証してみましょう。

4. Anything you can buy!(何でも買える)

“It is expected strongly that it is not a distant dream when everything will be available for sale on Internet. Everyday groceries, flowers, luxury cars, aeroplanes to property on distant planet or satellite like moon, almost anything will be up for sale.”

「あらゆるものがインターネット上で売られるようになるのははるか夢物語ではないと、大いに期待されている。日々の食料雑貨、花、高級車、惑星上の資産に向かう宇宙船、あるいは月のような衛星など、全てのものが売られるようになる。」

販売する方の立場から考えると、商品のデリバリー方法と、顧客の支払い能力を確認する与信を行えれば、仕入れられるものはなんでも売ることができますね。

Eコマースの最新トレンド-3

Eコマース、あるいはオンラインショッピングは、広く一般の生活に入り込んできており、市場規模としても無視できない大きさになってきました。
ところでこれまでのところ、Webページにカタログを配置し、ショッピングカートに商品を入れて決済。そのWebページへは検索結果、バナー広告、リスティング広告、ダイレクトEメールなどが主たるソースになっています。
では次に来る波はどんな波なのでしょう?
Articlesbaseのサイトで紹介されている「Emerging Trends in E-Commerce 2011(2011年起こりつつあるEコマースのトレンド)」で上げているポイントを検証してみましょう。

3. Real Time E-Commerce(リアルタイムEコマース)

“Nowadays, E-Commerce software development websites are encouraging real-time E-commerce solutions that include real-time bidding, real-time transaction, real-time product or service customization, so on and so forth. Another such E-Commerce software development trend in vogue is Facebook, Orkut, LinkedIn and Twitter updates, where followers are updated about products and services consistently.”

「今日、Eコマースソフトウェア開発サイトは、リアルタイム入札、リアルタイム取引、リアルタイムの製品・サービスのカスタマイゼーション、などなどを含むリアルタイムEコマースソリューションを推奨している。その他のEコマースソフトウェア開発のトレンドはFacebook、Orkut、LinkedIn、Twitterでの更新で、フォロワーが製品やサービスについて継続的に更新していくものだ。」

Orkutというのは、Googleのソーシャルネットワーキングの1つで、何故かそのユーザの大半をブラジルとインドで占めているもの。LinkedInも同様のソーシャルネットワーキングの1つ。日本ではほぼ無名ですが、米国ではかなりの人気。
リアルタイム性は今までのEコマースではほぼ見られない、新しい形です。しばらく様々な試みがなされるものと思います。

Eコマースの最新トレンド-2

Eコマース、あるいはオンラインショッピングは、広く一般の生活に入り込んできており、市場規模としても無視できない大きさになってきました。
ところでこれまでのところ、Webページにカタログを配置し、ショッピングカートに商品を入れて決済。そのWebページへは検索結果、バナー広告、リスティング広告、ダイレクトEメールなどが主たるソースになっています。
では次に来る波はどんな波なのでしょう?
Articlesbaseのサイトで紹介されている「Emerging Trends in E-Commerce 2011(2011年起こりつつあるEコマースのトレンド)」で上げているポイントを検証してみましょう。

2. Social Media(ソーシャルメディア)

“But social media commerce is still in development phase. According to industry sources, popular E-Commerce websites are developing web tools and applications for Facebook that will enable their customers to directly purchase their products or services without moving towards main website.”

「しかし、ソーシャルメディアコマースはまだ発展途上のフェーズだ。業界情報によれば、人気のEコマースサイトでは、顧客がメインのWebサイトに移動せずとも、商品を直接購入できるようなFacebook向けwebツールとアプリケーションを開発中である。」

個人的には今最も注目すべき動きがこれだと思います。Webページに行き、そこから購入するのが常識のところ、それを覆すような動きだからです。ただこれが本物の動きになるかどうかは、これからですが。

Eコマースの最新トレンド-1

Eコマース、あるいはオンラインショッピングは、広く一般の生活に入り込んできており、市場規模としても無視できない大きさになってきました。
ところでこれまでのところ、Webページにカタログを配置し、ショッピングカートに商品を入れて決済。そのWebページへは検索結果、バナー広告、リスティング広告、ダイレクトEメールなどが主たるソースになっています。
では次に来る波はどんな波なのでしょう?
Articlesbaseのサイトで紹介されている「Emerging Trends in E-Commerce 2011(2011年起こりつつあるEコマースのトレンド)」で上げているポイントを検証してみましょう。

1. M-Commerce(Mコマース)

“Web technology for mobile application development is getting large acceptability and scalability, and new trend has emerged in mobile web world is M-Commerce. Mobile commerce facilitates handy transaction on the go from any part of the world. Mobile applications are also being created for purpose of mobile-commerce in wide variety of verticals such as entertainment, business, gaming etc.”

「モバイルアプリケーション開発向けのWebテクノロジーが広く受け入れられるとともにスケーラビリティを得、モバイルWebの世界で現れた新しいトレンドはMコマースだ。モバイルコマースでは、世界のあらゆるところから外出中でも簡単に取引することができる。エンターテイメント、ビジネス、ゲームなどの特定市場向けに様々なモバイルコマース用モバイルアプリケーションが作られている。」

モバイルコマースの分野では携帯電話の技術が進んでいたこととからみ、日本ではモバイルコマースが進んでいました。ただスマートフォン、タブレットが広まるにつれ、米国でも急速に広まってきました。スマートフォン、タブレットがモバイルコマースの新しい形を作り出すかもしれません。