Webサイトのコンバージョン率を高める5つの戦略-5

5 Strategies for Maximizing Your Website’s Conversion Rate

by David Brussin on May 20, 2011
以下は、Mashableで紹介されている記事。
クラウドを利用することにより、今まで以上に簡単にWebサイトを構築できるようになりましたが、ただ構築しただけでなく、ビジネスにつなげなければなりません。それには戦略が必要です。
http://mashable.com/2011/05/20/maximize-conversion-rate/

The following strategies — when implemented correctly — will not only lead to an increase in conversion rates and revenue from mobile and social media channels but will also help drive companies toward an important cultural transformation, one that can elevate them above competitors and help them stay there.

以下の戦略を正しく組み込めばモバイルやソーシャルメディアチャネルからのコンバージョン率や売上を増やすことに繋がるだけではなく、企業が重要な文化の転換、すなわち、競合他社を上回り、その地位にとどまること、に役立つ。

5. Test, Test, Test

To know if a site is truly compelling, brands must constantly test it to ensure that content is presented in a manner that resonates with consumers to produce optimum results. Businesses should test for sticking points and optimize the choice of messaging, design of buttons, layout of forms and display of positive reinforcements like trust seals and privacy assurances. Even a small improvement at each stage of the process will pay big dividends.

Smart marketers will establish a culture of testing. By making the use of A/B and multivariate testing tools, brands can increase creativity, experimentation and revenue. A culture of testing in which decisions are data-driven is the best posture from which to meet marketing challenges

5. テスト、テスト、テスト

サイトが本当に人の心を掴んでいるかどうかを知るために、ブランドの観点から継続的にテストし、顧客に響き、最適な結果が得られるような形のコンテンツになっているかどうかを確認しなければならない。ビジネス的な観点からは、ポイントとしているところをテストし、メッセージの選択、ボタンのデザイン、フォームのレイアウト、信頼性や情報保護の認証ロゴなどの補強材料、などを最適化するのだ。プロセスの各ステージでのちょっとした改良も大きな見返りがある。

スマートなマーケッターは、テストの文化を確立するものだ。A/Bや多変量のテストツールを使うことにより、ブランドに関するクリエイティビティ、実験、売り上げを増大させることができる。データ重視の意思決定となるテストの文化は、マーケティングのチャレンジに合致した優れた姿勢だ。

On the Cloud注記:A/Bとは所謂2択。ボタンの色を赤と青を用意し、どちらがより押されるかを計測することにより、どちらの色にするか決めるというもの。2択の場合、ボタンの色以外は全て固定となりますが、多変量の場合には、背景やメッセージ、その他の条件も組み合わせて選択させるものになります。

Webサイトのコンバージョン率を高める5つの戦略-4

5 Strategies for Maximizing Your Website’s Conversion Rate

by David Brussin on May 20, 2011
以下は、Mashableで紹介されている記事。
クラウドを利用することにより、今まで以上に簡単にWebサイトを構築できるようになりましたが、ただ構築しただけでなく、ビジネスにつなげなければなりません。それには戦略が必要です。
http://mashable.com/2011/05/20/maximize-conversion-rate/

The following strategies — when implemented correctly — will not only lead to an increase in conversion rates and revenue from mobile and social media channels but will also help drive companies toward an important cultural transformation, one that can elevate them above competitors and help them stay there.

以下の戦略を正しく組み込めばモバイルやソーシャルメディアチャネルからのコンバージョン率や売上を増やすことに繋がるだけではなく、企業が重要な文化の転換、すなわち、競合他社を上回り、その地位にとどまること、に役立つ。

4. Consistency Is Key

Traffic that comes from outside channels like social media will convert better if consistent messaging is maintained throughout the sales cycle. A promotion that initially drives traffic to a website (such as “Twitter followers receive 20% off”) should be reflected not just on the landing page but also on each page that the visitor sees until they check out.

This doesn’t mean a site makeover. Instead, the message simply needs to echo the messaging that caught the consumer’s attention in the first place.

4. 一貫性が鍵

ソーシャルメディアなど外部チャネルからのトラフィックは、一貫性のあるメッセージがセールサイクルの中で維持できれば、購買に繋がりやすい。Twitterフォロワーは20%オフなどのwebサイトへ誘導するプロモーションは、ランディングページのみならず、チェックアウトまでに訪問者が見るページの全てに反映させておくべきだ。

これはなにもサイトの改装を意味するものではない。最初に顧客の目を引いたメッセージを反映したメッセージが各ページに必要だということなのだ。

Webサイトのコンバージョン率を高める5つの戦略-3

5 Strategies for Maximizing Your Website’s Conversion Rate

by David Brussin on May 20, 2011
以下は、Mashableで紹介されている記事。
クラウドを利用することにより、今まで以上に簡単にWebサイトを構築できるようになりましたが、ただ構築しただけでなく、ビジネスにつなげなければなりません。それには戦略が必要です。
http://mashable.com/2011/05/20/maximize-conversion-rate/

The following strategies — when implemented correctly — will not only lead to an increase in conversion rates and revenue from mobile and social media channels but will also help drive companies toward an important cultural transformation, one that can elevate them above competitors and help them stay there.

以下の戦略を正しく組み込めばモバイルやソーシャルメディアチャネルからのコンバージョン率や売上を増やすことに繋がるだけではなく、企業が重要な文化の転換、すなわち、競合他社を上回り、その地位にとどまること、に役立つ。

3. Use Offline Learning to Inform Online Action

Many multichannel retailers have accumulated a lot of knowledge about their customers. For example, managers of brick and mortar stores know that there are local brand preferences. Headquarters may track brand preference by region or state. So use that data to geo-target online traffic.

If Texas shoppers prefer Wranglers to Levis, highlight Wranglers to online traffic from Texas. The results will be improved conversion rates and higher average order values.

3. オフラインから学んだことをオンラインのアクションにつなげる

多くのマルチチャネルで展開する小売業者には、自身の顧客に関する豊富な知識を蓄えている。例えば、実店舗のマネージャは、ローカルブランドの好みがあることを知っている。本社は地域や州単位でブランドの志向性をトレースしているかもしれない。従って、そのようなデータを用いて地域単位でターゲットを絞りオンラインへのアクセスを増やすのだ。

テキサスの購入者はWranglersよりLevisを好むなら、テキサスに住む人がオンラインにアクセスしてきた時はWranglersに焦点をあてるのだ。

(On the Cloud注記:Wranglers、Levisともにジーンズのブランドです。念のため)

Webサイトのコンバージョン率を高める5つの戦略-2

5 Strategies for Maximizing Your Website’s Conversion Rate

by David Brussin on May 20, 2011
以下は、Mashableで紹介されている記事。
クラウドを利用することにより、今まで以上に簡単にWebサイトを構築できるようになりましたが、ただ構築しただけでなく、ビジネスにつなげなければなりません。それには戦略が必要です。
http://mashable.com/2011/05/20/maximize-conversion-rate/

The following strategies — when implemented correctly — will not only lead to an increase in conversion rates and revenue from mobile and social media channels but will also help drive companies toward an important cultural transformation, one that can elevate them above competitors and help them stay there.

以下の戦略を正しく組み込めばモバイルやソーシャルメディアチャネルからのコンバージョン率や売上を増やすことに繋がるだけではなく、企業が重要な文化の転換、すなわち、競合他社を上回り、その地位にとどまること、に役立つ。

2. Make Webpages Relevant

Websites should adjust marketing content in real time to reflect current events or other sales-related factors, such as customer location. Content that is tailored to different key segments (for example, notifying overseas consumers of discounted international shipping or letting customers from Florida know there’s no sales tax) can help persuade them to purchase.

Relevance includes adjusting site content to reflect where a consumer comes from. For example, were they directed from Facebook or an email newsletter? Make sure the messaging that brought them to the site is reflected in the site experience and inform that site experience with what analytics show about that traffic segment. For example, data may indicate that the buying habits of customers from Facebook are different from those who land on your site via email.

2. Webページに関連性を持たせる

Webサイトは、イベントやその他の販売に関連した要素、例えば顧客の場所などにリアルタイムで呼応し、マーケティングコンテンツの内容を調整すべきである。キーとなるセグメント向けのコンテンツ(例えば国外配送費値引きの海外顧客への通知、フロリダの顧客へ消費税がかからないことの通知など)は、購買に向けてのアピールに役立つ。

関連性には、顧客がどこから来ているのかに対応したサイトのコンテンツの調整も含む。
例えば、Facebookから来たのか、メールのニュースレターから来たか、などだ。サイトに来るきっかけとなったメッセージにサイトが対応しており、サイト訪問者に、そのセグメントに関する分析内容を表示する。例えば、Facebookから訪問する顧客の購買志向はメールからやってくる訪問者とは異なっているといったデータだ。

Webサイトのコンバージョン率を高める5つの戦略-1

5 Strategies for Maximizing Your Website’s Conversion Rate

by David Brussin on May 20, 2011
以下は、Mashableで紹介されている記事。
クラウドを利用することにより、今まで以上に簡単にWebサイトを構築できるようになりましたが、ただ構築しただけでなく、ビジネスにつなげなければなりません。それには戦略が必要です。
http://mashable.com/2011/05/20/maximize-conversion-rate/

David Brussin is the Founder and CEO of Monetate, the leading provider of testing, targeting, and content optimization for websites.

As companies turn to social media giants like Facebook and Twitter to drive traffic and gain new customers, there is a growing risk that the website — one of the most powerful sales and marketing tools — will be overlooked.

It is important for every consumer-facing enterprise to seek out new prospects and drive additional traffic via all available social media channels. Yet too many companies still neglect some basic strategies that could maximize conversion rates for the traffic they already have. The following strategies — when implemented correctly — will not only lead to an increase in conversion rates and revenue from mobile and social media channels but will also help drive companies toward an important cultural transformation, one that can elevate them above competitors and help them stay there.

David Brussin氏は、Webサイトのテスト、ターゲッティング、コンテンツ最適化におけるリーディング・プロバイダであるMonetate社のCEO。

企業がトラフィックを増やし、新しい顧客を掴むためにFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアの巨人を利用するようになると、最も強力な営業とマーケティングツールであるWebサイトを見落すリスクが増える。

顧客と対面する企業の全てにとって、利用可能な全てのソーシャルメディアチャネルを通して、新規顧客を探し、トラフィックを増やすことは重要である。しかしながら、あまりにも多くの企業が、サイトに訪れるトラフィックからのコンバージョン率を最大化するための基本戦略を無視している。以下の戦略は、正しく組み込めばモバイルやソーシャルメディアチャネルからのコンバージョン率や売上を増やすことに繋がるだけではなく、企業が重要な文化の転換、すなわち、競合他社を上回り、その地位にとどまること、に役立つ。

Some Perspective

Commerce is becoming less about channels and more about touch points. Marketing is moving beyond multichannel to become “multipoint,” and coping with this shift is a serious challenge for businesses of all kinds.

Fortunately, the website remains a place where many customer conversations are initiated, and a growing percentage of transactions are completed, even if they begin elsewhere. A strong yet nimble website — one that can efficiently leverage customer data — will put brands in a better position to effectively respond to the emerging demands of multipoint marketing. Without such a site, they will continue to lose out on potential revenue and lose ground to more agile competitors.

見通し

Eコマースはチャネルというよりは、タッチポイントになりつつある。マーケティングはマルチチャネルから「マルチポイント」へ変化しつつあり、このシフトへ対応することはあらゆる種類のビジネスにとって、大きなチャレンジである。

幸運にも、Webサイトは多くの顧客との会話が始まる場所であり、その他の場所で始まったとしても、取引が完結する割合が増えている場所でもある。強力でありながら迅速に動ける、すなわち顧客データを効率よく活用できるWebサイトは、自社ブランドを需要が高まりつつあるマルチポイントマーケティングに効果的に対応するための絶好のポジションに位置づけてくれる。

1. Understand Your Customer

By tracking anonymous consumer behavior on the website, companies can display campaigns, content, offers and experiences tailored to an individual’s browsing habits. Watch what they search for and what they look at, not just what they buy.

For example, you might display the latest Air Jordans to consumers who have a history of browsing Nike sneakers. In my experience, retailers who target promotions based on brand preferences see a double digit increase in average order value.

1. 自社の顧客を理解する

Webサイト上の匿名の顧客の行動をトラッキングすることにより、サイトを見る時の個々の癖に対応したキャンペーン、コンテント、提示内容、サイト訪問体験を提供できる。サイト訪問者が何を買うかのみならず、何を検索し、何を見るかを良く観察することだ。

例えば、Nikeスニーカーのページを過去に見た顧客に最新のエアージョーダンを情報を提示するすることもできる。私自身の経験では、ブランドの志向性に基づいたプロモーションに絞った展開を行った販売者では、購入単価が倍増した例もある。

[On the Cloud注記:顧客を知る、ということは、購入した顧客が何を買ったか、ということだけでなく、購入しなかった顧客が何を買おうとしていたか、何故購入しなかったかなどを分析する必要があります。