読者になる

このサイトをRSSで購読
ブログ

ツィッターでフォローする

社長 金子のつぶやき
社内開発室のつぶやき

中小企業にとってのクラウド

中小企業にとってのクラウド

中小企業の方々にとって、クラウドは是非活用したいサービスです。

コストメリット

コンピュータ資源を自社で資産として保有することに比較すると、クラウドをレンタルする方が圧倒的に低コストです。規模の経済により、クラウドプロバイダは低コストを実現できるからという点が1つ。それに加えて、資産化した場合、その運用サポートコストも膨れ上がってきますが、クラウドの場合レンタル料の中に含まれことも大きく寄与します。

迅速な導入

追加導入、テスト利用など、コンピュータ資源が追加で必要になった場合、自社所有する前提であれば、見積もり、必要な社内承認を取得し、発注、数週間後に納品、それからセットアップを開始して準備完了となります。IT関連のスタッフが不足しがちな中小企業では、セットアップ中に問題が発生すると、メーカーに問い合わせるなど問題解決にさらに時間がかかってしまいます。一方クラウドであれば、このような手続きは不要で、すぐに導入できます。

バックアップ

中小企業ではデータのバックアップを取得していないケースも多々見られます。クラウドを利用すれば簡単にデータのバックアップをクラウド上に持たせることができます。

セキュリティ

自社所有のシステムについて万全のセキュリティを実現することは容易ではなく、また高コストにもつながります。大手のクラウドを選択する限りにおいては、十二分にセキュリティ対策が施されていますので、自社でセキュリティ対策を実施することに比較すれば、はるかに高いセキュリティを実現できます(対策内容については確認しておく必要があります)。

ご不明な点がございましたら、是非お問い合わせください