読者になる

このサイトをRSSで購読
ブログ

ツィッターでフォローする

社長 金子のつぶやき
社内開発室のつぶやき

パブリック対プライベート

パブリック対プライベート

クラウドの展開には大別してパブリッククラウドとプライベートクラウドとが存在します。ベルシステム研究所では、クラウドの果実を堪能するには、ほとんどの企業にとってパブリッククラウドのみが選択肢になりえると考えます。

プライベートクラウド

プライベートクラウド、つまり企業内でクラウドを構築することは、自社内にデータを維持しつつ、クラウドの特徴を活かそうというものです。多数のサーバをもつ企業がサーバを仮想化し、運用を自動化していけば、負荷に応じて稼動するサーバ数を増減させる、運用コストを削減する、などのクラウドの持つメリットを享受することができますが、その構築には多大なコストが必要です。それでもトータルで見ればコストダウンをはかることができるかもしれません。

パブリッククラウド

一方パブリッククラウドであれば、初期投資することなく、使用量に応じて料金を払うことによってクラウドを構築できます。ただしそのためには、業務をスリム化することも必要です。現行の業務プロセスが複雑になっていれば、それをそのままクラウドに移行することは現実的ではなく、そもそも高コスト構造になっていることを認識すべきです。

パブリッククラウドでは圧倒的なサーバ台数を、高度な自動化により、低コストでオペレーションされますので、コンピュータ資源が低コストで提供されます。ユーザ側は柔軟性を持ちつつ、ITコストを削減することができます。ただしクラウドの果実を満喫し、本気でITコストを削減するためには、業務プロセスの改善もスコープに入れた全社的な取り組みが必要です。

ご不明な点がございましたら、是非お問い合わせください