読者になる

このサイトをRSSで購読
ブログ

ツィッターでフォローする

社長 金子のつぶやき
社内開発室のつぶやき

タグ‘ベルシステム研究所’のページ一覧

株式会社ベルシステム研究所沿革

1986 6 川崎市宮前区に資本金800万円にて会社設立。
九段下に東京事務所を併設。
10 新宿曙橋に研究所を設ける。
1988 1 曙橋研究所を世田谷区上用賀に移転し、用賀研究所を開設。
6 九段下事務所を南青山に移転し、南青山事務所を開設。
1989 4 特定労働者派遣事業届出。
6 青山事務所と用賀研究所を統合。
目黒区青葉台に移転し、青葉台事務所を開設。
7 資本金1,600万円に倍額増資。
1994 2 資本金3,600万円に倍額増資。
1998 6 青葉台事務所を中央区八丁堀に移転し、八丁堀事務所を開設。
11 資本金4,800万円に増資。
1999 8 八丁堀事務所を中央区日本橋に移転し、日本橋事務所を開設。
2002 7 JQAのISO9001を取得。
2004 7 資本金7,200万円に増資。
2006 4 日本橋事務所を中央区日本橋富沢町に移転。
2011 8 日本橋事務所を中央区日本橋人形町に移転。

社長挨拶

代表取締役社長 金子 忠司

代表取締役社長 金子忠司

1986年のベルシステム研究所設立以来、この間の情報システムの発展は、他に類を見ないものであります。

大企業の事務処理システムの発展から始まった高価で大柄な電子計算機は、半導体の技術・OSの能力・通信基盤の発展等により、中小規模の企業はもちろんのこと、個人の生活の中まで浸透し、有効に活用され始めています。

このIT業界の技術進歩や成長は、あたかも我々人類の脳細胞の成長と同じ様であります。人間の脳細胞には頭脳という全体を制御するOSの基に行動が律されています。小さなコンピュータは脳のニュークリアス(核)であり、めぐらされたネットワーク網は、脳神経であります。この小さな高性能な核を持った一人の人間が、ひとつの細胞かもしれません。しかし、問題はこの細胞の集団を制御するOSが存在しないことであります。人類の偉大なる成果物である原子力とコンピュータシステムは、制御と使い方を誤ると大いなる災いが襲ってきます。この地球と言う生命体の大きなうねり(危機)を、誰も制御できなくなって、しまうのかもしれません。

個人を特定することのないネット社会は、仮想の社会であり、遊びの社会でもあります。個人の認証と保護を確実とする責任のあるネット社会を実現することが、重要なことであります。ベルシステム研究所の技術者達は、ITのプロ集団としての正しい制御と誤りのない使い方、そしてネット基盤を有効に使った効率的で安全性の高いシステムを構築することにより、この情報化社会の大いなる課題に、挑戦することができなければ成らないと考えています。

株式会社ベルシステム研究所

商号 株式会社ベルシステム研究所
本社 神奈川県川崎市宮前区神木2-6-22
事業所 東京都中央区日本橋人形町3-7-3 NCC人形町ビル6F
TEL. 03-5642-6655
FAX. 03-5642-6656
創業 1986年6月3日
資本金 7,200万円(授権資本金9,600万円)
役員 代表取締役 金子忠司
社員 17名
取引銀行 みずほ銀行:神谷町支店
三菱東京UFJ銀行:新富町支店
三井住友銀行:東京中央支店
朝日信用金庫:東日本橋支店
業務内容 ソフトウェアプロダクト及び電子応用機器の企画/設計/製造と販売
ソフトウェア・ハードウェアの設計/製造に関する技術コンサルティング
導入支援から運用支援・保守サービス