読者になる

このサイトをRSSで購読
ブログ

ツィッターでフォローする

社長 金子のつぶやき
社内開発室のつぶやき

タグ‘IT’のページ一覧

経営改善

単にITを導入するだけで経営改善できるわけではない

幻想を抱いている方もいらっしゃいますが、ITは万能薬ではありません。単にITを導入するだけで経営改善できるわけではありません。当然のことのようですが、ITを導入したものの、経営改善に結びついていないケースが多々見られます。

まずは、ベルシステム研究所のサービスとしてご紹介しておりますコンサルテーションサービスを始めとして、経営戦略をしっかり固める必要があります。これにより、何をモニタリングしていかなければならないのか、それは何故必要なのかが明確になっていくからです。

見える化による経営改善

経営戦略が策定できれば、何を見える化すべきかが明確になります。それをどのように見える化していくかが次のステップです。ERP(Enterprise Resource Planning:統合業務パッケージ)、CRM(Customer Relationship Management:顧客管理)、SFA(Sales Force Automation:業管理)などを導入し、整合性のあるデータを収集する仕組みを作り上げていきます。クラウドコンピューティングの一つの形態であるSaaSで提供されているものも各種存在しますので、最小限のIT初期投資で導入することも可能です。お客様のニーズに合わせた最良のソリューションをご提案させていただきます。

導入支援と業務改善

現行の業務プロセスを変更せず、ERPなどのITを導入すると、業務が回らないか、ITが役立たずになるかどちらかです。IT導入にあたっては経営戦略に基づいた業務改善が必須です。ITの導入そのものよりも、その準備段階としての業務改善の方が時間を要する、場合によっては痛みを伴う作業です。ベルシステム研究所では、業務改善も含めて導入をご支援いたします。

ご不明な点がございましたら、是非お問い合わせください

社長挨拶

代表取締役社長 金子 忠司

代表取締役社長 金子忠司

1986年のベルシステム研究所設立以来、この間の情報システムの発展は、他に類を見ないものであります。

大企業の事務処理システムの発展から始まった高価で大柄な電子計算機は、半導体の技術・OSの能力・通信基盤の発展等により、中小規模の企業はもちろんのこと、個人の生活の中まで浸透し、有効に活用され始めています。

このIT業界の技術進歩や成長は、あたかも我々人類の脳細胞の成長と同じ様であります。人間の脳細胞には頭脳という全体を制御するOSの基に行動が律されています。小さなコンピュータは脳のニュークリアス(核)であり、めぐらされたネットワーク網は、脳神経であります。この小さな高性能な核を持った一人の人間が、ひとつの細胞かもしれません。しかし、問題はこの細胞の集団を制御するOSが存在しないことであります。人類の偉大なる成果物である原子力とコンピュータシステムは、制御と使い方を誤ると大いなる災いが襲ってきます。この地球と言う生命体の大きなうねり(危機)を、誰も制御できなくなって、しまうのかもしれません。

個人を特定することのないネット社会は、仮想の社会であり、遊びの社会でもあります。個人の認証と保護を確実とする責任のあるネット社会を実現することが、重要なことであります。ベルシステム研究所の技術者達は、ITのプロ集団としての正しい制御と誤りのない使い方、そしてネット基盤を有効に使った効率的で安全性の高いシステムを構築することにより、この情報化社会の大いなる課題に、挑戦することができなければ成らないと考えています。